いよいよオープン! 写真で見せます「館長 庵野秀明 特撮博物館」

会場限定で見られる短編映画「巨神兵 東京に現わる」も見逃すな。

» 2012年07月09日 23時19分 公開
[ITmedia]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 東京都現代美術館の企画展示「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」が7月10日よりスタートする。

 スタジオジブリ協力のもと、「ふしぎの海のナディア」「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」などで知られる庵野秀明氏が“館長”に就任。実際に撮影で使われたミニチュアや着ぐるみ、デザイン画などを大量に展示しつつ、日本が誇る「特撮」技術の粋を未来へと伝える。会場で上映される短編映画「巨神兵 東京に現わる」にも注目が集まっている。

画像 オープニングセレモニーにて。左から、「巨神兵 東京に現わる」の監督を務めた樋口真嗣氏、館長の庵野秀明氏、そしてスタジオジブリの鈴木敏夫プロデュサー

 庵野氏の「特撮」への想いについては、以前の発表会リポートでも触れたとおり(関連:「エヴァの原点はウルトラマンと巨神兵」――庵野秀明が語り尽せない「特撮」への愛)。庵野監督と言えばアニメ作品のイメージが強いが、その創作活動の原点は「ウルトラマン」などの特撮作品にあった。

 そんな庵野監督が本気で挑む、今回の「特撮博物館」。果たしてどんなものになったのか? オープンに先駆け、一足早くその中をのぞいてきた。

画像 展示の入り口。フォントは実はすべて手書き

画像 館内には撮影に使われたミニチュアなどがずらりと並ぶ

画像 メカゴジラのスーツ TM&(C) 1975 TOHO CO., LTD.

画像 「超人」のスペースは文字通りウルトラマンシリーズがテーマ (C)円谷プロ

画像 ウルトラマンの飛行シーンに使われたミニチュア (C)円谷プロ

画像 ウルトラマンのマスク (C)円谷プロ

画像 平成ガメラのスーツと、渋谷パンテオンビルのミニチュア (C)1996 角川映画 NHFM (C)1996 角川映画 TNHN 

画像 ミニチュアや着ぐるみたちが出番を待つ「特撮美術倉庫」の様子も再現

 館内は「人造」「超人」「力」などいくつかのコーナーに区切られており、膨大な数のミニチュアや小道具がテーマに沿って並べられている。「ゴジラ」や「モスラ」、そして「ウルトラマン」――。展示されている作品の数は数十にものぼり、特撮全盛期をリアルタイムで体験した「特撮ネイティブ」世代にとって、このあたりはたまらない展示だろう。

 中ごろに設置されたシアターでは、今回の目玉とも言える短編映画「巨神兵 東京に現わる」を見ることができる。企画・庵野秀明、監督・樋口真嗣。わずか9分間のショートムービーだが、その密度と熱量はすさまじい。ミニチュアの街を、巨神兵のプロトン・ビームがなぎ払う一連のシークエンスだけでもこの「特撮博物館」に足を運ぶ価値はある。

画像 巨神兵像の雛形。「巨神兵 東京に現わる」ではこいつが東京を思いのままに蹂躙していく

画像 「風の谷のナウシカ」に登場した巨神兵とはまた違ったデザインになっている

画像 ほっそりとした体型はどちらかと言えば「エヴァ」風

画像 前田真宏氏のイメージデザインをもとに、竹谷隆之氏が雛形デザインを行った

 その後のメイキング映像もぜひ併せて見てみてほしい。あの巨神兵の動きはどうやって撮っていたのか、どうすればあんな風にビルが壊れるのか――。手品のタネに感心し、一方では、いい絵が撮れるたびにまるで子どものようにはしゃぐ樋口監督やスタッフの姿が印象に残った。

 このデジタル時代に、わざわざミニチュアのセットを組み立てて、エアーの圧力でビルを粉砕するなんて馬鹿げたことだと思うかもしれない。でも、あの巨神兵の威圧感と、美しい破壊の描写には、「特撮ってやっぱりスゴい!」と思わせるだけの説得力が十分にあった。

画像 撮影に使われたミニチュアステージも館内に再現

画像 樋口監督の等身大パネルも。実際はどれくらいのサイズなのかがよく分かる

画像 中に入ると、誰でも巨神兵サイズに

画像 実際はこんな感じ

「2009年の7月、樋口(真嗣)くんたちと飲んだとき、特撮の現場を取り巻く現状を聞かされて、ものすごい危機感を持ったんです」(庵野氏)

 7月9日のオープニングセレモニーには、庵野氏や樋口監督らも駆けつけた。今や特撮はCGに取って代わられつつある。かつて使われたミニチュアや小道具たちも次々と破棄され、いま保存しておかなければ、いつかは永遠に失われてしまう。消えゆく特撮のために、何かできることはないか――。そんな思いが、今回の企画の出発点だった。

画像 今回の企画のいわば「言い出しっぺ」である庵野氏

「(特撮は)日本が世界に誇れる映像技術です。CGだけではない文化がこの中には詰まっている。これは口で説明できるようなものじゃない。ぜひ自分の目で見て、感じてみてほしい」(庵野氏)

 開催期間は10月8日までの約3カ月間。観覧料は大人、大学生が1400円、中学生900円、小学生400円。

 今回は期間限定での開催となるが、まずはこれを成功させて次につなげたいと庵野氏。次の目標はもちろん、常設の「特撮博物館」だ。

画像 一般公開は7月10日から。特撮ファンでなくとも見逃すな!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」