ニュース
» 2012年07月09日 23時19分 公開

いよいよオープン! 写真で見せます「館長 庵野秀明 特撮博物館」

会場限定で見られる短編映画「巨神兵 東京に現わる」も見逃すな。

[ITmedia]

 東京都現代美術館の企画展示「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」が7月10日よりスタートする。

 スタジオジブリ協力のもと、「ふしぎの海のナディア」「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」などで知られる庵野秀明氏が“館長”に就任。実際に撮影で使われたミニチュアや着ぐるみ、デザイン画などを大量に展示しつつ、日本が誇る「特撮」技術の粋を未来へと伝える。会場で上映される短編映画「巨神兵 東京に現わる」にも注目が集まっている。

画像 オープニングセレモニーにて。左から、「巨神兵 東京に現わる」の監督を務めた樋口真嗣氏、館長の庵野秀明氏、そしてスタジオジブリの鈴木敏夫プロデュサー

 庵野氏の「特撮」への想いについては、以前の発表会リポートでも触れたとおり(関連:「エヴァの原点はウルトラマンと巨神兵」――庵野秀明が語り尽せない「特撮」への愛)。庵野監督と言えばアニメ作品のイメージが強いが、その創作活動の原点は「ウルトラマン」などの特撮作品にあった。

 そんな庵野監督が本気で挑む、今回の「特撮博物館」。果たしてどんなものになったのか? オープンに先駆け、一足早くその中をのぞいてきた。

画像 展示の入り口。フォントは実はすべて手書き

画像 館内には撮影に使われたミニチュアなどがずらりと並ぶ

画像 メカゴジラのスーツ TM&(C) 1975 TOHO CO., LTD.

画像 「超人」のスペースは文字通りウルトラマンシリーズがテーマ (C)円谷プロ

画像 ウルトラマンの飛行シーンに使われたミニチュア (C)円谷プロ

画像 ウルトラマンのマスク (C)円谷プロ

画像 平成ガメラのスーツと、渋谷パンテオンビルのミニチュア (C)1996 角川映画 NHFM (C)1996 角川映画 TNHN 

画像 ミニチュアや着ぐるみたちが出番を待つ「特撮美術倉庫」の様子も再現

 館内は「人造」「超人」「力」などいくつかのコーナーに区切られており、膨大な数のミニチュアや小道具がテーマに沿って並べられている。「ゴジラ」や「モスラ」、そして「ウルトラマン」――。展示されている作品の数は数十にものぼり、特撮全盛期をリアルタイムで体験した「特撮ネイティブ」世代にとって、このあたりはたまらない展示だろう。

 中ごろに設置されたシアターでは、今回の目玉とも言える短編映画「巨神兵 東京に現わる」を見ることができる。企画・庵野秀明、監督・樋口真嗣。わずか9分間のショートムービーだが、その密度と熱量はすさまじい。ミニチュアの街を、巨神兵のプロトン・ビームがなぎ払う一連のシークエンスだけでもこの「特撮博物館」に足を運ぶ価値はある。

画像 巨神兵像の雛形。「巨神兵 東京に現わる」ではこいつが東京を思いのままに蹂躙していく

画像 「風の谷のナウシカ」に登場した巨神兵とはまた違ったデザインになっている

画像 ほっそりとした体型はどちらかと言えば「エヴァ」風

画像 前田真宏氏のイメージデザインをもとに、竹谷隆之氏が雛形デザインを行った

 その後のメイキング映像もぜひ併せて見てみてほしい。あの巨神兵の動きはどうやって撮っていたのか、どうすればあんな風にビルが壊れるのか――。手品のタネに感心し、一方では、いい絵が撮れるたびにまるで子どものようにはしゃぐ樋口監督やスタッフの姿が印象に残った。

 このデジタル時代に、わざわざミニチュアのセットを組み立てて、エアーの圧力でビルを粉砕するなんて馬鹿げたことだと思うかもしれない。でも、あの巨神兵の威圧感と、美しい破壊の描写には、「特撮ってやっぱりスゴい!」と思わせるだけの説得力が十分にあった。

画像 撮影に使われたミニチュアステージも館内に再現

画像 樋口監督の等身大パネルも。実際はどれくらいのサイズなのかがよく分かる

画像 中に入ると、誰でも巨神兵サイズに

画像 実際はこんな感じ

「2009年の7月、樋口(真嗣)くんたちと飲んだとき、特撮の現場を取り巻く現状を聞かされて、ものすごい危機感を持ったんです」(庵野氏)

 7月9日のオープニングセレモニーには、庵野氏や樋口監督らも駆けつけた。今や特撮はCGに取って代わられつつある。かつて使われたミニチュアや小道具たちも次々と破棄され、いま保存しておかなければ、いつかは永遠に失われてしまう。消えゆく特撮のために、何かできることはないか――。そんな思いが、今回の企画の出発点だった。

画像 今回の企画のいわば「言い出しっぺ」である庵野氏

「(特撮は)日本が世界に誇れる映像技術です。CGだけではない文化がこの中には詰まっている。これは口で説明できるようなものじゃない。ぜひ自分の目で見て、感じてみてほしい」(庵野氏)

 開催期間は10月8日までの約3カ月間。観覧料は大人、大学生が1400円、中学生900円、小学生400円。

 今回は期間限定での開催となるが、まずはこれを成功させて次につなげたいと庵野氏。次の目標はもちろん、常設の「特撮博物館」だ。

画像 一般公開は7月10日から。特撮ファンでなくとも見逃すな!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」