ニュース
» 2012年08月16日 11時40分 公開

iPhoneアプリ「ロック画面の指紋スキャナ」がひどいと話題に 買ってみるとただの戦争ゲーム

レビュー欄が荒れています。

[ITmedia]

 「ロック画面の指紋スキャナ」という名のiPhoneアプリ(85円)がひどいとネットで話題になっている。App Storeに掲載されたスクリーンショットやアプリ名に釣られてダウンロードしてみると、中身はなぜか戦争ゲーム。“指紋スキャナ”的な機能はもちろんない。そのためレビュー欄には「だまされた」といった声が多く寄せられている。

画像 App Storeのページ

 このアプリの機能は、App Storeの説明によればこうだ。「非合法的なアプローチを予防し、顧客の装置に顧客の個人のことを安全的に保護します!」「ロック/解除するように20種類以上があります」「Android-like“点結合”安全」「声を判定する」「諮問を押捺する」「数字保護パスワード」「銀行安全輪をロックする」「ナンバー安全キーボード」「簡単なロック……その上!……」(原文ママ)。

 機械翻訳したかのような日本語が並び、中身がなんだかよく分からない。だが掲載されたスクリーンショットを見てみると、「Scan fingerprint to unlock」「PUT FINGER SCANNING」などと書かれた、指紋を読み取っているかのような画面が並び、さらには「EYE ON FRONT CAMERA」「IRIS SCANNING」と書かれた画面も。えっ虹彩認証だと……!? 

 そんなバカなと思いつつも購入してみると、起動後の画面に現れるのはなぜか戦車の絵。ものものしい雰囲気のBGMも流れる。そのままプレイボタンを押して、海やジャングルなどシーンを選択すると、戦闘機を撃墜して楽しむゲームが始まった。ひと通り遊んでみたが、App Storeのスクリーンショットと同じ画面は表示されず。「ロック画面の指紋スキャナ」とは名ばかりのアプリだった。

画像 これがアプリの中身

 これらの内容を受けて、アプリのレビュー欄は大荒れに。「ふざけんな」「金返せ」「指紋照合できねーしなんかゲームだし まじ死ねよ」といった辛辣な言葉が並ぶ。なかには「なぜジョークアプリだと分からないのか。騙されたとか言っている情弱はiPhone捨てるべき」といった皮肉や、「Excellent/Helpfull security」とほめている自作自演(?)っぽいコメントもあり、現時点の平均評価は★2個半となっている。

画像 レビュー欄は大荒れに

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/15/news069.jpg いったい何があったんだ 「ガンバレルーヤ」よしこ、チーママ時代の姿が食い違いすぎて「ほんとに誰?」なレベル
  2. /nl/articles/1908/27/news096.jpg 化粧でだいぶ変わるな! 「ガンバレルーヤ」よしこ、ドラマ出演で普段と180度違う姿を披露
  3. /nl/articles/1801/19/news114.jpg 奇跡起きたな! 女お笑いコンビ「ガンバレルーヤ」、“詐欺写真”で別人に生まれ変わる
  4. /nl/articles/2104/05/news024.jpg 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  5. /nl/articles/2104/15/news090.jpg 「似合っててカッコいい」 ゆりやん、金髪へのイメチェンでクールなキメ顔 38キロ減の快挙には「全然まだ太い」と本音も
  6. /nl/articles/2104/14/news014.jpg 飼い主がゲーム中の猫ちゃんの表情→ゲームをやめ名前を呼ぶと…… 猫の表情ビフォーアフターが面白い
  7. /nl/articles/2101/07/news089.jpg 高岡早紀、高身長な長男&次男とのレアな“家族3ショット” にじみ出るイケメン感に「息子さん達カッコイイなぁ〜」
  8. /nl/articles/2104/09/news143.jpg 森の中で“ある場所”を指し示すカーナビ、恐怖体験かと思いきや…… 涙の展開が待ち受ける怪談漫画
  9. /nl/articles/1904/02/news128.jpg もはや別人じゃん! ガリガリガリクソン、47キロ減で劇的ビフォーアフター「俺は平成の終わりにデブを捨てた」
  10. /nl/articles/2104/14/news010.jpg いつもは出迎える愛犬がハウスに立てこもり→その理由は…… 申し訳なさそうな表情と部屋の惨状がほほえましい