ニュース
» 2012年09月12日 10時00分 公開

“100%中つ国”夢と魔法の大地ニュージーランドが、ホビット一色に

映画「ホビット」シリーズとニュージーランドが観光でタイアップ。中つ国(ミドル・アース)の聖地ニュージーランドの情報配信や撮影地ホビット庄へのガイド付き日帰りツアーなどを行う。

[livedoorニュース]
livedoorニュース
(c)2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC.  写真一覧(3件)

 『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの完結から約8年、12月14日の公開となる第1部『ホビット 思いがけない冒険』を皮切りに、2013年12月13日に第2部『THE HOBBIT: THE DESOLATION OF SMAUG』(原題)が、2014年7月18日に第3部『ホビット ゆきて帰りし物語』が公開となる『ホビット』シリーズ3部作。本日11日にはニュージーランド大使館 大使公邸にて、本作『ホビット』シリーズと、ニュージーランド政府観光局との全世界で展開される大型タイアップ「100%中つ国、100%ピュア・ニュージーランド」が発表された。

 会見には来日中のジョン・キー・ニュージーランド首相兼観光大臣、そして『ホビット』シリーズを配給するワーナーエンターテイメントジャパン代表のウィリアム・アイアトン氏が登壇。『ホビット』の世界観を表現したニュージーランド政府観光局の新コマーシャルの劇場上映や、公式WEBサイト、ソーシャルメディアを通じて、中つ国(ミドル・アース)の聖地ニュージーランドの情報配信、『ホビット』の撮影地ホビット庄へのガイド付き日帰りツアーなど、今後の取り組みが公表された。

 また、本作とグローバルパートナーシップを結ぶニュージーランド航空のプロモーションでは、英国・北米発着便のボーイング777を『ホビット』仕様にジャック。機体はもちろん、離陸前に放映される安全ビデオの『ホビット』特別バージョンが機内で上映され、客室乗務員の耳がホビット族の耳なるなどの演出も。ニュージーランド航空のサイト限定では今後、各種コンテストや独自のファン対象イベントも計画予定となっている。

ジョン・キー・ニュージーランド首相兼観光大臣 コメント

 『ロード・オブ・ザ・リング』、そして『ホビット』は私たちを魔法のような素晴らしい場所に誘う映画です。舞台となったニュージーランドは、映画キャラクターはもちろん登場しませんが、夢のような美しい景観は本物です。今回の「100%中つ国、100%ピュア・ニュージーランド」キャンペーンでは、ニュージーランドを訪れた観光客の皆さまに、実際に体感できるリアルな経験とエキサイティングな冒険をお届けするものであると信じております。今後、成田とオークランドを結ぶ直行便を復活し、拡充を予定しておりますので、より多くの皆さまに、ニュージーランドに訪れていただく機会も増えていきます。本日このようなグローバルキャンペーンをこの場で発表できることを、大変嬉しく思います。そして、『ホビット』は世界的な大ヒットとなることを確信しております。

ワーナーエンターテイメントジャパン代表 ウィリアム・アイアトン氏 コメント

 私自身ニュージーランドを訪れたことがありますが、大自然の中で今にも『ホビット』のキャラクターが出てくるのではないかと感じました。ニュージーランドが雄大なニュージーランドの土地と、その景色の素晴らしさをお伝えするには、映画『ホビット』のスケール感とクオリティを実感して頂くのが適切であります。以前『ロード・オブ・ザ・リング』で撮影をした際、ピーター・ジャクソン監督は自身の出身地でもあるニュージーランドをあますことなく見せ、誇らしく思ったことでしょう。そして今回『ホビット』というこの壮大な冒険物語で皆さんが忘れることのできないような体験を届け、老若男女すべての方々を魅了してくれることでしょう。我々ワーナー・ブラザースはニュージーランドの国を挙げてのサポートに心から感謝をし、誠に光栄に思います。

動画が取得できませんでした

記事提供元:MOVIE ENTER

livedoor CC-BY-ND

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響