ニュース
» 2012年10月15日 18時09分 公開

世界一の滝修行? イグアスの滝に打たれる

白装束の代わりに雨具を着こんで世界最大規模の水量をその身で体感できます。

[ITmedia]

 滝行といえば、密教や修験道、神道の修行方法の1つとして、厳粛な雰囲気のもと白装束で行われるイメージだと思います。今から紹介する動画は厳密に言えば、滝行ではありませんが、なにか開眼しそうなインパクトがあるのではないでしょうか。

イグアスの滝で滝修行。同乗しているカメラマンがある意味すごい

 南米大陸のアルゼンチンとブラジルの二国にまたがる世界最大規模のイグアスの滝がその舞台。ここでは、ボートでその滝の一部に突撃することができます。確かに厳粛な雰囲気は一切ありません。

 イグアスの滝は、アフリカ大陸のジンバブエとザンビアにまたがるヴィクトリアの滝、北アメリカ大陸のアメリカ合衆国とカナダにまたがるナイアガラの滝とともに、世界3大瀑布に挙げられています。最大落差80メートル以上の「悪魔の喉笛」と呼ばれるスポットを含む、滝幅4キロ、両国にまたがるイグアス国立公園がユネスコ世界遺産に登録。さすがにその水量も世界最大規模で、雨季にもなると毎秒6500立方メートルの水が流れ落ちて行くといいます。

画像 常に水煙が上がりけむってみえる(アルゼンチン側からは悪魔の喉笛の上から覗きこむことができる)

 さすがに悪魔の喉笛に突撃するとボートごとひっくり返るので、その手前の滝に突っ込んでいるとのこと。それでもその水圧は激しく、目を開けていられないほど。数秒で全身ずぶ濡れになります。雨具をすっぱりかぶろうが、防水の役目をまったく果たさないので水着か濡れていい覚悟で臨んだほうがいいようです。

 これだけの迫力なら自然への畏怖ととも強制的に清められたような気分になりますよね。

 ちなみにイグアスの滝のほかにもヴィクトリアの滝やナイアガラの滝でも滝ツボ付近に突撃するボートツアーが実施されているようです。

画像 4キロにも及ぶ滝幅なので見渡す限り滝

画像 ブラジル側からは悪魔の喉笛を下から眺めることが可能。もちろんここでも雨具必須

画像

画像

画像 搭乗するボートはこんな感じ

画像 まさに木の葉のよう

画像 この位置でも実際はけっこう激しい水しぶきが搭乗者を襲っているはず。さらに突っ込んでいきます

画像 アンコールに応えていよいよ悪魔の喉笛に……

画像画像画像

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  3. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  4. /nl/articles/2205/27/news122.jpg あの、バイクで転倒して顔面骨折 手術も要する突然の事故報告に「悲報すぎる」「生きててよかった」
  5. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  6. /nl/articles/2205/27/news011.jpg 階段が下りられない35キロのデカワンコ…… お父さんに抱っこで運んでもらう姿に「世話の焼ける子ほどかわいい」の声
  7. /nl/articles/2205/27/news094.jpg 松井稼頭央ヘッドコーチの妻・松井美緒、突然のシルバーヘアな“おばあちゃん”姿に「まさかの!」「お上品」と反響
  8. /nl/articles/2205/27/news137.jpg 久慈暁子アナ&渡邊雄太、インスタ初2ショットで結婚発表 仲良く肩寄せ合う身長差カップルに「最高にお似合い」
  9. /nl/articles/2205/27/news008.jpg なぜか車から降りるのを完全拒否するワンコ 諦めかけると……予想外の結末に笑ってしまう 【豪】
  10. /nl/articles/2205/27/news026.jpg 「爆笑しましたww」「元気出ました、ありがとうございます!」 予想外のおしゃべりで別室に移動させられたインコに腹筋崩壊

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響