ニュース
» 2012年10月15日 18時09分 公開

世界一の滝修行? イグアスの滝に打たれる

白装束の代わりに雨具を着こんで世界最大規模の水量をその身で体感できます。

[ITmedia]

 滝行といえば、密教や修験道、神道の修行方法の1つとして、厳粛な雰囲気のもと白装束で行われるイメージだと思います。今から紹介する動画は厳密に言えば、滝行ではありませんが、なにか開眼しそうなインパクトがあるのではないでしょうか。

イグアスの滝で滝修行。同乗しているカメラマンがある意味すごい

 南米大陸のアルゼンチンとブラジルの二国にまたがる世界最大規模のイグアスの滝がその舞台。ここでは、ボートでその滝の一部に突撃することができます。確かに厳粛な雰囲気は一切ありません。

 イグアスの滝は、アフリカ大陸のジンバブエとザンビアにまたがるヴィクトリアの滝、北アメリカ大陸のアメリカ合衆国とカナダにまたがるナイアガラの滝とともに、世界3大瀑布に挙げられています。最大落差80メートル以上の「悪魔の喉笛」と呼ばれるスポットを含む、滝幅4キロ、両国にまたがるイグアス国立公園がユネスコ世界遺産に登録。さすがにその水量も世界最大規模で、雨季にもなると毎秒6500立方メートルの水が流れ落ちて行くといいます。

画像 常に水煙が上がりけむってみえる(アルゼンチン側からは悪魔の喉笛の上から覗きこむことができる)

 さすがに悪魔の喉笛に突撃するとボートごとひっくり返るので、その手前の滝に突っ込んでいるとのこと。それでもその水圧は激しく、目を開けていられないほど。数秒で全身ずぶ濡れになります。雨具をすっぱりかぶろうが、防水の役目をまったく果たさないので水着か濡れていい覚悟で臨んだほうがいいようです。

 これだけの迫力なら自然への畏怖ととも強制的に清められたような気分になりますよね。

 ちなみにイグアスの滝のほかにもヴィクトリアの滝やナイアガラの滝でも滝ツボ付近に突撃するボートツアーが実施されているようです。

画像 4キロにも及ぶ滝幅なので見渡す限り滝

画像 ブラジル側からは悪魔の喉笛を下から眺めることが可能。もちろんここでも雨具必須

画像

画像

画像 搭乗するボートはこんな感じ

画像 まさに木の葉のよう

画像 この位置でも実際はけっこう激しい水しぶきが搭乗者を襲っているはず。さらに突っ込んでいきます

画像 アンコールに応えていよいよ悪魔の喉笛に……

画像画像画像

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン