ニュース
» 2012年10月26日 15時19分 公開

執事とじっくりメガネを選べる こだわりのメガネがそろう店「執事眼鏡」に行ってきたオタクな人もオタクじゃない人も(1/2 ページ)

近年の“メガネトレンド”におけるキーワードは「(価格が)安い」「(接客時間が)短い」「(受け取るまでが)早い」ではないだろうか。それとは真逆のスタイルを貫くユニークなメガネ店が注目を集めている。

[池田園子,ITmedia]

 メガネ男子・メガネ女子の皆さん、メガネ選び、どうしてる? そこそこオシャレなわりにプチプライス、おまけにスピーディに購入できる量販店で、デイリー用のメガネを選んでいる人は多い。しかし、毎日身に着けるものだからこそ、長く使えるいいものを真剣に選んでみない? “執事”による丁寧な接客が話題の「執事眼鏡 eyemirror」(東京・池袋)を訪れてみた。

執事スタイルに込めるのは「おもてなし」の気持ち

 執事眼鏡は池袋駅東口から歩いて10分ほど。玄関から趣があり、洋館を訪れているような気分になる。「いらっしゃいませ」とさわやかに迎えてくれたのは、ウワサ通りの執事のお兄さん……! 代表を務める朝倉鏡介さんだ。およそ9年間デパートのメガネ店で働いていた「メガネのプロ」である。そこを辞めて9月1日に「執事眼鏡 eyemirror」を開業し、現在は父親と2人でお店を回している。それにしても、なぜ執事スタイルなの?

趣がある店構え
お父さんの朝倉眼路さん

 「低価格でメガネを販売するお店が増え、メガネ選びも流れ作業のようにすぐに終わる――最近はそういった傾向がありますよね。でも『(要望を細かく)聞いてほしい』というお客様は多いなと、(メガネ店に)勤めていたときから感じていました。お客様がゆったりできて満足のいく接客を受けられ、店側はお客様のこだわりに応じたメガネ選びを丁寧にサポートできればいいなと思い、このお店を立ち上げました」

 執事喫茶のように、執事を前面に押し出した店ではないという。あくまでもメガネという商品選びに、きめ細かく対応する執事が付いてくるという仕組みらしい。20〜30分はかかるという測定時間に、要望を聞いたり、デザインを選んだりする時間を合わせると、所要時間は2時間ほど。「一般のメガネ店の2倍はかかると思います」と朝倉さん。すべてオーダーメイドで作るので、メガネを渡すまでに1週間ほどかかる。

細やかな接客

 測定・加工・調整までの一連の作業を担当するのは朝倉さんだ。これまで勤務していたお店で培った知識や技術が生かされている。ちなみに執事のトレーニングはと聞くと、ホテルマン用の研修を受けた程度だという。それでも会話をしていると「デパートでの接客歴9年」に心から納得。物腰やわらかで、紳士的、すべてが折り目立たしく控えめな姿は、まさに上品な執事そのものなのだ!

口コミ強し! 全国から訪れるファンたち

 2人だけで営業していることもあり、接客をしていると、あまり電話に出られないこともある。そのためWebサイトには電話番号すら載せず、宣伝もほとんどしていない。しかし、9月のオープン時に一度Webのニュースに取り上げられたことがきっかけで、Twitterなどでお店のことを知ったお客が、続々と訪れるようになったという。正午〜午後3時ごろが狙い目で、午後4時以降になるとお客がどっと増える。

店内の様子

 1度訪れて気に入ったお客が、口コミで友人らに伝えることが多く、北は北海道、南は山口県まで各地からお客が訪れるようになった。特に土日にやってくる人が多い。取材日(平日昼ごろ)にも東北地方からお客が訪れていた。時間をかけた細やかな接客、品ぞろえがウケているようだ。ユニークな品ぞろえについては後で詳しく説明したいと思う。

 人は限定モノに弱い。「執事眼鏡 eyemirror」でしか販売していない独特のメガネもある。穴を開けたレンズにチャームを着けて楽しむという、メガネで個性を出せるスタイルだ。ハロウィンシーズンということもあり、かぼちゃやおばけのチャームが陳列されていた。「ディスプレイ用に作っていたのですが、お買い求めになるお客様が意外と多いんです」と、朝倉さんは驚きと喜びの入り交じった表情を浮かべていた。

かわいらしいチャーム
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」