ニュース
» 2012年10月26日 15時19分 公開

執事とじっくりメガネを選べる こだわりのメガネがそろう店「執事眼鏡」に行ってきたオタクな人もオタクじゃない人も(1/2 ページ)

近年の“メガネトレンド”におけるキーワードは「(価格が)安い」「(接客時間が)短い」「(受け取るまでが)早い」ではないだろうか。それとは真逆のスタイルを貫くユニークなメガネ店が注目を集めている。

[池田園子,ITmedia]

 メガネ男子・メガネ女子の皆さん、メガネ選び、どうしてる? そこそこオシャレなわりにプチプライス、おまけにスピーディに購入できる量販店で、デイリー用のメガネを選んでいる人は多い。しかし、毎日身に着けるものだからこそ、長く使えるいいものを真剣に選んでみない? “執事”による丁寧な接客が話題の「執事眼鏡 eyemirror」(東京・池袋)を訪れてみた。

執事スタイルに込めるのは「おもてなし」の気持ち

 執事眼鏡は池袋駅東口から歩いて10分ほど。玄関から趣があり、洋館を訪れているような気分になる。「いらっしゃいませ」とさわやかに迎えてくれたのは、ウワサ通りの執事のお兄さん……! 代表を務める朝倉鏡介さんだ。およそ9年間デパートのメガネ店で働いていた「メガネのプロ」である。そこを辞めて9月1日に「執事眼鏡 eyemirror」を開業し、現在は父親と2人でお店を回している。それにしても、なぜ執事スタイルなの?

趣がある店構え
お父さんの朝倉眼路さん

 「低価格でメガネを販売するお店が増え、メガネ選びも流れ作業のようにすぐに終わる――最近はそういった傾向がありますよね。でも『(要望を細かく)聞いてほしい』というお客様は多いなと、(メガネ店に)勤めていたときから感じていました。お客様がゆったりできて満足のいく接客を受けられ、店側はお客様のこだわりに応じたメガネ選びを丁寧にサポートできればいいなと思い、このお店を立ち上げました」

 執事喫茶のように、執事を前面に押し出した店ではないという。あくまでもメガネという商品選びに、きめ細かく対応する執事が付いてくるという仕組みらしい。20〜30分はかかるという測定時間に、要望を聞いたり、デザインを選んだりする時間を合わせると、所要時間は2時間ほど。「一般のメガネ店の2倍はかかると思います」と朝倉さん。すべてオーダーメイドで作るので、メガネを渡すまでに1週間ほどかかる。

細やかな接客

 測定・加工・調整までの一連の作業を担当するのは朝倉さんだ。これまで勤務していたお店で培った知識や技術が生かされている。ちなみに執事のトレーニングはと聞くと、ホテルマン用の研修を受けた程度だという。それでも会話をしていると「デパートでの接客歴9年」に心から納得。物腰やわらかで、紳士的、すべてが折り目立たしく控えめな姿は、まさに上品な執事そのものなのだ!

口コミ強し! 全国から訪れるファンたち

 2人だけで営業していることもあり、接客をしていると、あまり電話に出られないこともある。そのためWebサイトには電話番号すら載せず、宣伝もほとんどしていない。しかし、9月のオープン時に一度Webのニュースに取り上げられたことがきっかけで、Twitterなどでお店のことを知ったお客が、続々と訪れるようになったという。正午〜午後3時ごろが狙い目で、午後4時以降になるとお客がどっと増える。

店内の様子

 1度訪れて気に入ったお客が、口コミで友人らに伝えることが多く、北は北海道、南は山口県まで各地からお客が訪れるようになった。特に土日にやってくる人が多い。取材日(平日昼ごろ)にも東北地方からお客が訪れていた。時間をかけた細やかな接客、品ぞろえがウケているようだ。ユニークな品ぞろえについては後で詳しく説明したいと思う。

 人は限定モノに弱い。「執事眼鏡 eyemirror」でしか販売していない独特のメガネもある。穴を開けたレンズにチャームを着けて楽しむという、メガネで個性を出せるスタイルだ。ハロウィンシーズンということもあり、かぼちゃやおばけのチャームが陳列されていた。「ディスプレイ用に作っていたのですが、お買い求めになるお客様が意外と多いんです」と、朝倉さんは驚きと喜びの入り交じった表情を浮かべていた。

かわいらしいチャーム
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/26/news120.jpg 江頭2:50、憧れの女性に一世一代の大勝負 熱意こもった“告白”に「涙出た」「感情が崩壊しそう」
  2. /nl/articles/2111/27/news058.jpg みちょぱ、恋人・大倉士門とのラブラブムービーに大反響 “公開イチャイチャ”に「本当お似合い」「夫婦にしか見えない」
  3. /nl/articles/2111/26/news137.jpg 上白石萌音、「カムカム」悲劇の展開後に“未来に向けた言葉”を届ける 娘・るいを抱いて「どうか見守っていてください」
  4. /nl/articles/2111/27/news054.jpg MALIA.、山本“KID”徳郁さんとの16歳次男と親子初共演 「パパに似てる」「美男美女」と“美形ファミリー”に反響
  5. /nl/articles/2111/27/news051.jpg 【Amazonブラックフライデー】初日売れ筋ランキングTOP20 1位は圧倒的大差で「Fire TV Stick 4K Max」
  6. /nl/articles/2111/27/news041.jpg さだまさし、友人・平原まことさんの逝去に悲痛の思い 「綾ちゃん、がんばれ!」と娘・平原綾香にエールも
  7. /nl/articles/2111/27/news064.jpg お父さんめっちゃパンクだな! SUMIRE、父・浅野忠信の誕生日祝いに幼少期の貴重な2ショットを公開
  8. /nl/articles/2111/25/news148.jpg 【その視点はなかった】「ネイルする意味が分からない」という男がいたので塗ってあげたら「爪って目に入るから元気出る!」と理解してもらえた
  9. /nl/articles/2111/27/news028.jpg 飼い主に遊んでほしい猫ちゃん、胸キュン必至なおねだりを見せ…… 甘えん坊な元保護猫が最高にかわいい
  10. /nl/articles/2105/19/news041.jpg 【お仕事楽しい】「3日間育休をとる」という男性社員に「理解できない」と上司 予想外の真意に感動の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」