ニュース
» 2012年10月27日 19時05分 公開

デジタルコンテンツEXPO 2012:あれ、画面へこんだ? タッチパネルに“押した感触”プラスする技術

「カチッ」も「グニュッ」も自由自在。

[黒木 貴啓,ITmedia]

 平らなパネル上にて本物のキーやゼリーを押す触感が味わえる「新感覚タッチパネル」が「デジタルコンテンツEXPO 2012」(10月25〜27日)にて展示されている。スマートフォンの文字入力でキーのようなクリック感を再現するなど、多彩な触感を指先にもたらしてくれる。

画像 タッチパネルなのにクリック感がある不思議

 パネルには圧電素子が取り付けられており、圧力を検知すると振動し「ボタンを押した」ような錯覚に陥らせる。振動の周波数や振幅量、タイミングを変えることで、「硬い」「柔らかい」「ゼリーのような」など多彩な触感を再現できる。

 展示されていたパネルを実際に触ってみた。例えば新感覚タッチパネルを組み込んだスマートフォン。画面上に表示されたテンキーを押し込むと「カチッ」というクリック感があり、実際に物理ボタンを押しているような感覚だ。ブラウザアプリでも試してみる。ページを移動する時は、リンクの上でパネルを押し込む。やはりカチッというクリック感があり、ページが切り替わる。従来のタッチパネルで感じていた「ちゃんとリンク先を押せているだろうか」という不安が、クリック感のおかげでまったく感じられなかった。

画像 フィーチャーフォンのテンキー操作を思い出す……

 ソリッドな「カチッ」だけでなく、ゼリーのような「グニュッ」という感触も再現できる。振動をゆっくり、だんだん強くしていくと「グニュッ」という押し心地になるという。試してみると、確かにゼリーとまではいかないまでも、ゆっくりパネルが押し込まれていくような感覚はあった。

画像 押した場所によって異なる感覚が。「グニュ」はなんとも不思議な感じ

 製作したのは京セラ。市場でのタッチパネル搭載機器は2017年には22億台に達すると予想しており、今後はスマートフォン、家電、ゲーム機器、車載機器、医療機器など幅広い用途に導入していく予定とのことだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた