ニュース
» 2012年11月12日 19時09分 公開

ビッグフット存在証明すれば8億円 米テレビ局で超高額賞金の新番組

身近に毛深い人がいるあなた、8億円ゲットのチャンスです。

[ITmedia]

 世界中のUMA(未確認生物)ハンターが長年追い求めていながら、いまだにその正体をつかめていない「ビッグフット」。アメリカのケーブルテレビ局「スパイクTV」が賞金1000万ドルを費やして、その存在の証明に挑む新番組を放送すると発表した。

画像 大柄な猿人だという目撃証言が多いビッグフット

 番組名は「10 Million Dollar Bigfoot Bounty」で、2013年秋から放送予定。挑戦するのは番組が募集した複数の捜索チームで、科学者や動物学者、ビッグフットハンターといった面々。ビッグフットが存在する証拠を発見し、専門家に証明するのが目的となる。


 国際的な保険組合ロイズの協力によって実現したテレビ史上最大の高額賞金も話題となり、放映前から注目を集めている様子。ビッグフットは数多くの目撃証言がありながら、はっきりと存在を証明するには至っていない。もしこの企画を達成するチームが現れれば、世界中が驚く大発見となりそうだ。

関連キーワード

テレビ | アメリカ | 動物 | ケーブルテレビ | 挑戦


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた