ニュース
» 2012年11月15日 17時20分 公開

講談社「愛し姫艶戯 春嵐の王子に攫われて」で約20ページの使い回し発覚 同一作者によるコピペかと話題に

こんなの絶対おかしいよ。

[ITmedia]

 講談社X文庫ホワイトハートから出版された小説の中に、同作者による他社刊行の作品と酷似した表現があると発覚。公式サイト上でお詫び文が掲載されています。

画像 ホワイトハートのサイトに掲載されたお詫び文

 問題となったのは11月に刊行された「愛し姫艶戯 春嵐の王子に攫われて」(ゆきの飛鷹)の一部分。恋愛をテーマとした小説ですが、一部の読者から「濡れ場の文章が使い回しではないか」という指摘がありました。Amazonのレビューでも「確認してみたら、ティアラ文庫から出ている同作者の『韓なる花の恋がたり〜暗行御史の花嫁〜』の濡れ場と全く同じ文面でした」「人物とシチュエーションを書き変えているだけ」と☆1つの低評価が付けられています。

画像 「愛し姫艶戯 春嵐の王子に攫われて」

 ホワイトハート公式サイトでは、作者のゆきの飛鷹さんが「本文の一部に、自身の作品であれ、他社からの既刊本と同じ表現を使ってしまい」と流用を認めた上でお詫び文を掲載。ホワイトハート編集部によると、フランス書院ティアラ文庫から出版されたゆきの飛鷹作品3作から同じ表現が見つかったとしており、現在加筆修正の重版を制作中。希望者には初版本と修正版の引きかえを行うという形で対応するようです。

 Togetterにも反応がまとめられています。初めは「テキストデータが紛れたのでは」と半信半疑な人もいたものの、情報が揃ってくると「同じ文章のキャラ名だけ変えてある状態になってた」ことから、ミスや事故ではなく「がっつり流用したのがバレた感じじゃないか」という声が。まるで学生が苦し紛れに作るレポートのようなこの「コピペ騒動」に、複雑な心境を吐露するファンの声もあがっていました。

※当初「BLをテーマとした小説」と書いていましたが誤りでした。お詫びして訂正いたします。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」