ニュース
» 2012年11月17日 15時36分 公開

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」公開 世界最速上映に1800人、深夜の熱狂をリポートエヴァはアニメではない、エヴァである

ついにこのときがきた!

[松岡洋,ITmedia]

 待ちに待った「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」がついに11月17日公開された。午前0時から世界最速上映イベントが行われた新宿バルト9に、記者は16日午後8時ごろ到着。始まる前の熱気や上映後の会場の様子をお伝えしよう。

画像

 報道受け付けを終えると、ちょうどそこに同作の広報・渉外を担当しているグランドワークス神村靖宏代表が。この時、神村氏が語ってくれたのが「エヴァはアニメではない、エヴァである」と言うテレビCMのセリフ。そして同時上映される「巨神兵東京に現る」はエヴァとつながっている、という話。この時はこの2つがどういう意味なのか図りかねたが、神村氏からはそれ以上のヒントを聞き出せず。

画像 この2人はもしかして……

 午後9時。劇場の周りの「エヴァ・コラボマルシェ」にはコラボグッズを買い求める人の列が一向に減らない。マルシェではエヴァレーシングチームのレースクイーンも寒い中記念撮影に応じていた。午後11時にはバルト9の全シアター、合計1800席の入場が開始。レイとアスカのコスプレイヤーも現れ、ロビーは待ってましたとばかりに撮影会状態に。

画像
画像

 午後11時45分。世界最速上映のチケットを入手していた記者は、ロビーでの撮影を一旦終了し、シアターへ入場。いよいよだ。0時。劇場が暗くなると拍手が巻き起こる。ネタバレしないよう説明するのは難しいが、徐々に神村氏の言葉の意味が何となくわかってきたような、そんな感じ。ストーリーが佳境に入ると周りの観客が泣いてるらしかった。それも女性だけではなく。

画像 世界最速上映のチケットを記者も入手。報道陣のなかでも持っているひとはほとんどいなかった

 そして終演。前作の「破」は初日に新宿ミラノで見たが、あのときは最初から最後までみんなシートに金縛りにあったような状態で、予告終了後に満場の拍手が巻き起こった。今回も拍手は起きたものの、「人類ポカン計画」状態で、「こんな時、どんな顔をしたらいいのかわからないの」と言うのが記者の感想。

 終演後、パンフレットを買い求める人と次回上映の人達で劇場は大混雑。テレビ局がコスプレイヤーをエヴァカフェに招き入れてニュース素材を収録していた。バルト9にはエヴァの装飾を施したバスも横付け。この頃にはマルシェの商品も売切れが続出となっていた。

画像
画像
画像
画像

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む