ニュース
» 2012年11月18日 18時51分 公開

「ヱヴァQ」上映後合唱しよう! →2ちゃんねらーのデマで確定か 「釣り」告白の書き込み

「馬鹿どもが確認もせずに釣られてた」など、自分の行為を棚に上げた口ぶりに非難も。

[ITmedia]

 先日、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」の上映終了後、「残酷な天使のテーゼ」を合唱しよう――という書き込みが広まっている件について報じたが、やはり2ちゃんねらーの「釣り」だった可能性が高いことが分かった。最初にネタを書き込んだ本人(と思われる人物)が、その後「あの残テの件は俺が発端なんだよ」「アフィブログの記事になんの疑問も持たずにツイートしてる奴ばっか」と、釣りだったことを告白している。

画像 「釣り」だったことを告白する書き込み

 発端になったのは、11月9日に書き込まれた「今Twitterの方でQ上映終了後にみんなで残酷な天使のテーゼ歌おうって企画があるんだけど一応ここでも知らせとく」という書き込みだが、書き込んだという人物によると、これ自体が「釣り」目的の創作だったという。最初は拡散されないよう転載禁止と明記していたが、その後書き込みをもとにスレッドを立てる人が現れ、それを2ちゃんねるまとめブログが取り上げたことで一気に拡散された形となった。

 併せて、自分の書き込みに釣られた人たちについても、「馬鹿どもが確認もせずに釣られてた」「ちょっと検索すれば疑問に行き着くはず」「アフィブログの記事になんの疑問も持たずにツイートしてる奴ばっか」とリテラシー不足を指摘。この件では最終的に、碇シンジ役の声優・緒方恵美さんが「絶対にやめてください」とコメントする事態にも発展しており、「ロクに調べもせずに緒方さんにリプした奴はネットとか辞めたほうがいいと思う」と締めくくっている。

 ただ、もちろん確認せずにデマを拡散した人にも非はあるものの、釣った本人が一番悪いのは言うまでもない。この件については、NAVERまとめ「エヴァQ上映後にTV版OPを合唱する企画がTwitter上である→2chとまとめブログのデマでした」にも詳しくまとめられており、釣りを告白した人物の口ぶりに対し「真性のクズだと思う」「デマを最初に投げ込んだ奴がなんでえらそうにしてるんだろうか」といったコメントが寄せられている。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」