ニュース
» 2012年11月28日 16時55分 公開

愛知で「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」開催 来年2月17日まで三河武士とヱヴァ

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」と「日本刀」のコラボ再び。刀匠が鍛えたロンギヌスの槍やプログレッシブナイフ公開。

[ITmedia]

 日本刀とアニメ「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」のコラボレーション企画「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」が、12月1日より期間限定で三河武士のやかた家康館と岡崎城の2会場で開催される。開催日は2013年2月17日まで。年末の12月29日〜12月31日までは休館する。

 今年9月まで備前長船刀剣博物館(岡山県瀬戸内市)で開催されていたもので、日本刀の刀匠が作り上げたロンギヌスの槍やプログレッシブナイフなどヱヴァ仕様の刀18作品を展示する。

画像

 ヱヴァの歴史やキャラクター紹介、全高2メートルの初号機フィギアなどが展示されるほか日本刀のコーナーでは製作工程や日本刀に触れる体験コーナー、甲冑の試着体験(赤備え)も設けられる。キャラクターと記念写真が撮影できるコーナーも併設されるほか、ロンギヌスの槍製作風景や日本刀の製作工程が分かる映像コーナーも常設。オリジナルグッズの販売や図録「ヱヴァンゲリヲンと日本刀」の発売も。

 会場では葛城ミサト役の声優・三石琴乃さんが展示作品の解説をしてくれる(1回500円)。日時限定でオリジナルプレートへの銘切りもある。

「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」

  • 開催日時:2012年12月1日〜2013年2月17日 午前9時〜午後5時(休館日:12月29日〜12月31日)
  • 会場:三河武士のやかた家康館(第1会場)、岡崎城(第2会場)
  • 入場料(2館共通チケット):大人(中学生以上)500円、小人(5歳以上)270円
  • 主催:一般社団法人岡崎パブリックサービス、一般社団法人全日本刀匠会事業部、テレビ愛知、テレビせとうち

 なお、2013年2月下旬から3月下旬には広島の大和ミュージアムで、4月上旬から5月中旬には札幌のサッポロファクトリーで、5月下旬から6月下旬には福岡の西鉄ホールで、7月上旬から9月中旬には大阪の大阪歴史博物館に巡回する予定となっている。

画像

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む