ニュース
» 2013年07月09日 10時45分 公開

お寿司が高速で直進する「回らない回転寿司」が想像以上に近未来だった

渋谷にある回転レーンのない回転寿司チェーン店。そこには3段の直線レーンをお寿司が走る近未来な世界があった。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 “回らない回転寿司”がすごいとNAVERまとめで話題になっていた。なんでも、回転寿司チェーン店なのに、お寿司が店内を回らず直線のレーン上をぴゅんぴゅん走っているのだとか。斬新なお寿司システムを体験すべく、紹介されていた「魚べい 渋谷道玄坂店」へ行ってきた。

画像 「魚べい 渋谷道玄坂店」

動画が取得できませんでした
画像 寿司が……走る!

 「魚べい 渋谷道玄坂店」は、元気寿司グループが経営する、105円均一回転寿司チェーン「魚べい」の都心第1号店。店内には回転レーンを設けず、3段重ねの直線レーンだけで注文のお寿司を席に運ぶという、業界初のモデルで2012年7月にオープンした。このモデルは魚べい渋谷道玄坂店と、同グループの回転寿司チェーン店「元気寿司 渋谷店」の2店舗のみ。今後は他店舗でも導入を計画しているそうだ。

画像 回らない回転寿司屋の店内。あのずらっと並んでいた寿司たちが消え、なんだかスタイリッシュ

 テーブル席はなく、店内にはカウンター席が3列。カウンターを見てもお馴染みの回転レーンは存在せず、代わりに3段の直線レーンが壁の向こうから伸びている。これが「お寿司がびゅんびゅん走る」というアレか!

画像 これが寿司チェーンの新たなモデル、3段高速レーン!!!

 最近の回転寿司チェーンには、回転レーンの上下に、注文したネタを席まで届けてくれる、専用の高速レーンを設けるお店が増えていた。このお店はその「高速レーンだけ」のバージョン。ぐるぐる回るお寿司たちのパレードは見られなくなったが、壁からお寿司がさっそうと現れては客席で消える様子は、どこか近未来的でスタイリッシュだ。

画像 カウンター90席には1台ずつタッチパネルが付いている。注文などはここから

 各座席に1台ずつあるタッチパネルを操作し、食べたいネタを注文してみた。待つ間に眺めるのは、握る人でもゆっくり流れるお寿司でもなく「走るお寿司」だけ。あんなにのんびりしていたのに、お寿司のヤツなんかカッコ良くなったなぁ……。席の向こうでは西洋人っぽい女性2人組がお寿司の登場にはしゃいでいてほほえましい。店長さんいわく、客層は日本人と外国人が半々で、近未来なシステムに興奮する海外の方は多いそうだ。

画像 ……頼んだお寿司がきた!!!

画像

画像

画像 到着!! 壁の向こうから発射して、約8秒。回転レーンと比べると確かに高速だ

画像 こんな感じで走ってきます

 1分くらいすると、マグロ、えび、サーモンが1つのトレイに載って登場。壁の向こうからすいーっとレーンを滑ってきて、目の前でストップ。スピードは従来の回転寿司屋にあった高速レーンとほぼ変わらず、約7メートルを8秒くらいでやってきた。

 皿をとったあと「返却ボタン」を押すと、トレイは再び壁の向こうへ戻っていく。トレイは上・中・下段に1つずつあって、客席と厨房を往復してお寿司を提供し続ける。どの注文も1〜2分ほどで来るので、待ち時間のストレスはまったくなかった。

画像画像 3皿まで運べるトレイは、お皿をのせる部分がややくぼんでいて簡単に落ちないようなつくりに(左) お皿を回収して“元気くん”ボタンを押すと、トレイは再び厨房へ帰っていく(右)

 味はというと、もちろんどれもネタが新鮮なのでおいしい。回転寿司屋でももっぱら注文派だった記者。回転レーンの目に付いたネタを食べるランダムな楽しさは嫌いじゃないが、時間が経って身がパサパサになったものもあって苦手だ。高速レーンのみならその心配もない。

画像 まぐろ、えび、サーモン。どれもつくりたてで新鮮、おいしくいただいた

画像画像 汁物もレーンで提供。トレイで倒れないように別の器に入れて運ばれてきた。青さ汁も105円、うまうま

画像 お寿司がレーン3段同時に走っているところを見たかったので、特別に走らせてもらった

画像 上から納豆、いくら、ウニの軍艦が出動。お客さんが多いときはこうしてレーン3段ともお寿司が直進し続ける

 もはや回転寿司とは呼べないこの“直進寿司”。回転レーンを撤廃したことで、いつでも握りたての新鮮なネタが楽しめるようになっており、テーブル席にこだわらないなら大正解だ。

 回転レーンが消えてファストフード感がさらに増した店内の空気、ハイテクな3段レーンの駆動ぶりがまた新感覚。お寿司の最新型を目の当たりにしたい人は要チェックだ。

魚べい 渋谷道玄坂店 店舗情報

住所 東京都渋谷区道玄坂2-29-11 第六セントラルビル1階

営業時間 午前11時〜午後12時(ラストオーダー・入店は午後11時30分)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2312/05/news021.jpg 柴犬が見つけた瀕死の子猫、最後の力で立ち上がり…… 優しさが救った小さな命が600万再生「感動と感謝です」
  2. /nl/articles/2312/06/news119.jpg 中尾明慶、「金八」で“めちゃくちゃケンカした同級生”と因縁の再会 10年前の悪態謝り倒し「芸能界でおかしくなっちゃった」
  3. /nl/articles/2312/06/news018.jpg 超大型ワンコ、予想を裏切る“ギャップ萌え”食事シーンが500万表示! お坊っちゃま感あふれる甘えっぷりに「可愛い〜」「品が良いですねw」
  4. /nl/articles/2312/06/news022.jpg インコが“断捨離”したドールハウス、中をのぞいてみると……? 衝撃の光景に「廃墟w」「大変なことにww」
  5. /nl/articles/2312/06/news111.jpg ユージ、新たな愛車は「世界一贅沢なトランポ」 ペルシャ絨毯使用のカスタムカー披露も「僕はバイクを乗せるつもりですが笑」
  6. /nl/articles/2312/06/news036.jpg 掘り起こした土がなかったときのウサギ→ぼう然 では土があったときは? うさうさブルトーザーに「想像を絶する可愛さだった」
  7. /nl/articles/2312/05/news190.jpg 「たった1カ月で行ってしまった」 桃井かおり、YOSHIKIの米国マネージャー追悼 “40年来の無二の親友”だった夫は「涙まだ止まらず」
  8. /nl/articles/1705/16/news143.jpg 「同性愛者を入店させないで」と投書した客に「もう来ないでください」 お店の回答に称賛の声集まる
  9. /nl/articles/2312/05/news138.jpg 田中みな実、“共演した姉”の存在に反響「居るとは聞いていたけど」「激似やなぁ」 すらっとしたたたずまいに「品のあるお方」
  10. /nl/articles/2312/06/news097.jpg 「何処に行っちゃったのかな」 白鳥久美子の息子、生後1か月にして“ちょっと心配”な症状 初受診で医師「この時期に通院する赤ちゃんはいる」
先週の総合アクセスTOP10
  1. オール巨人、30年モノな“伝説の1台”に自負「ここまでキレイな車はない」 国産愛車の雄姿に称賛の声「気品がある」「凄くエレガント」
  2. 「明らかに写真と違う」 東京クリスマスマーケットのフードメニューが物議…… 購入者は落胆「悲しかった」
  3. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  4. 田中みな実、“共演した姉”の存在に反響「居るとは聞いていたけど」「激似やなぁ」 すらっとしたたたずまいに「品のあるお方」
  5. 藤本美貴、“全然かわいくない値段”のテスラにグレードアップ スマホ一つでの注文に「震えちゃ〜う!」
  6. マックで「プレーンなバーガーください」と頼んだら……? 出てきた“予想外の一品”に驚き「知らなかった」
  7. 伊藤沙莉、“激痩せ報道”の真相暴露→広瀬アリスの株が上がってしまう 「辱めったらない」告白に「アリスちゃん、ええ人や〜」
  8. 「あなたは日本人?」突然送られてきた不審なLINE、“まさかの撃退方法”に反響 「センス良い」「返しが秀逸」
  9. “鬼ダイエット”で激やせの「Perfume」あ〜ちゃん、念願の姿に「着れる日が来るなんて」と大喜び
  10. 900万再生のワンコに「電車で笑ってしまった」「つられてめちゃくちゃ笑っちゃうw」 “突然魔王になった犬”に腹を抱える人続出
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「酷すぎる」「不快」 SMAPを連想させるジャンバリ.TVのCMに賛否両論
  2. 会話できる子猫に飼い主が「飲み会行っていい?」と聞くと…… まさかの返しに大反響「ぜったい人間語分かってる」
  3. 実は2台持ち! 伊藤かずえ、シーマじゃない“もう一台の愛車”に驚きの声「知りませんでした」 1年点検時に本人「全然違う光景」
  4. 大好物のエビを見せたらイカが豹変! 姿を変えて興奮する姿に「怖い」「ポケモンかと思った」
  5. 渋谷駅「どん兵衛」専門店が閉店 店内で見つかった書き置きに「店側の本音が漏れている」とTwitter民なごむ
  6. 西城秀樹さんの20歳長男、「デビュー直前」ショットが注目の的 “めちゃくちゃカッコいい”声と姿が「お父さんの若い頃そっくり」「秀樹が喋ってるみたい」
  7. “危険なもの”が体に巻き付いた野良猫、保護を試みると……? 思わずため息が出る結末に「助けようとしてくれてありがとう」【米】
  8. 「やばい電車で見てしまった」「おなか痛い、爆笑です」 カメがまさかの乗り物で猫を追いかける姿が予想外の面白さ
  9. おつまみの貝ひもを食べてたら…… まさかのお宝発見に「良いことありそう」「すごーい!」の声
  10. 「3カ月で1億円」の加藤紗里、オーナー務める銀座クラブの開店をお祝い “大蛇タトゥー”&金髪での着物姿に「極妻感が否めない」