ニュース
» 2014年08月18日 08時30分 公開

艦これ艦娘“作戦的”プロフィール「珊瑚海海戦」編初めての経験だから大目にみてね

瑞鶴と翔鶴の伝説がここから始まる……。

[長浜和也,ねとらぼ]

「艦これ」で発動中の夏イベント「MI」(ミッドウェー島攻略作戦)/「AL」(アリューシャン列島攻略作戦)2正面作戦にちなんで、真珠湾作戦からミッドウェー海戦に至るまでの、空母が主役となる主要な作戦を「超ざっくり」と解説しよう。


幸運と不運の分かれ道

 1942年5月に起きた珊瑚海海戦は、世界で初めて航空母艦同士が戦った海戦だ。日本軍の第五航空戦隊「瑞鶴」「翔鶴」と軽空母「祥鳳」が参加して、米空母の「レキシントン」「ヨークタウン」と戦った。5月7日に米空母が翔鶴・瑞鶴とは別行動だった祥鳳を撃沈し、日本海軍は空母と間違えた油槽船(タンカー)を撃破。5月8日には日米ともに空母部隊本隊を同時に発見して同時に攻撃、日本軍はレキシントンを撃沈してヨークタウンを撃破。米軍は、翔鶴に大きな被害を与えた。

艦これの「翔鶴」「瑞鶴」

 珊瑚海海戦は、ニューギニア南岸にあるポートモレスビーを攻略する「MO攻略作戦」を進める中で発生している。MO攻略作戦は、北部オーストラリアに面したポートモレスビーを占領して航空隊を配置することで、米国と豪州の連絡を遮断し、豪州を米国の反撃拠点として使わせず、可能ならば、豪州を戦争から脱落させることを目的としていた。しかし、珊瑚海海戦で米空母部隊を撃退したものの、日本軍も空母飛行隊の戦力を消耗し、ポートモレスビーを目指して進撃する攻略部隊輸送船団の護衛が不可能となって、MO攻略作戦を中止している。

 後世の作戦研究者は、日米ともに初めての空母戦だったため相互にミスが多かったと評価している。特に5月7日の戦闘で、日本軍は、索敵報告の“艦種誤認”で油槽艦を空母と間違えて攻撃し、米軍は正規空母と間違えて「天龍」「龍田」に攻撃隊を出撃させている(このとき、近くにいた祥鳳を見つけて撃沈できた)。

 油槽船を間違えて攻撃した日本軍は、その後「古鷹」の索敵機が発見した米空母本隊に向けて攻撃隊を出撃させた。敵艦隊到着が日没後、空母に戻ってくるのが完全に夜になるため、技量の高いベテランの艦上爆撃機と艦上攻撃機だけが出撃したが、雨雲で敵艦隊を発見できなかったばかりか、レーダーで誘導された敵戦闘機の迎撃を受けて多数墜落、帰投途上で味方空母と思って着艦しようとしたら「敵の空母」で、ここでも1機撃墜されている。

 珊瑚海海戦が終わった直後、日本海軍はレキシントンもヨークタウンも撃沈したと思っていたが、両艦とも行動可能で、無事に帰還できる見込みだった。しかし、レキシントンは魚雷が命中した衝撃でタンクから漏れたガソリンが気化して艦内に充満。それが爆発して沈没する。ハリケーンバウ(艦首部と甲板が一体化した形式)と密閉式格納庫を採用した点では、後にマリアナ沖海戦において同じ原因で沈没する日本の航空母艦「大鳳」と共通点が多い。

 ヨークタウンも“全治3カ月の重傷”だったが、「3日間で直して出社、いや、出撃」という無茶ぶりに見事応えてミッドウェー海戦に登場する。一方、飛行甲板がバキバキに折れてしまった翔鶴と搭乗員を多数失った瑞鶴はともにミッドウェー海戦に参加できなかった。

 なお、MO攻略作戦には当初「技量が劣る五航戦(第五航空戦隊)」ではなく、インド洋作戦に参加できなかった「加賀」が参加する予定だった。しかし、ミッドウェー海戦前の訓練代わりにあてるという理由で瑞鶴と翔鶴に差し替えている。実戦を訓練と認識しているあたりに「慢心」の兆しが見え始めていた。

珊瑚海海戦の経過をボードウォーゲーム「激突南太平洋」で再現してみた。日米ともに初日は錯誤を重ね、2日目に主力が正面から激突した

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2106/17/news019.jpg 「とらのあな」なぜ急ペースで閉店? コロナ禍の影響は? 閉店が相次ぐ理由を聞いてみた
  2. /nl/articles/2106/15/news101.jpg 【Amazonプライムデー】セール対象商品の第2弾を公開 「Fire TV Stick 4K」が43%オフの3980円に
  3. /nl/articles/2106/16/news108.jpg エハラマサヒロ、そっくりな元俳優・遠藤要容疑者の逮捕で風評被害 「俺を面白がって悪者にしたい奴が世の中に一定数おるぞ!」
  4. /nl/articles/2106/16/news093.jpg 「虚数とか社会に出ていつ使うんだよ」にセガが回答 社内勉強会用の“ガチ数学”資料公開、ゲーム開発現場で使われていた
  5. /nl/articles/2106/14/news065.jpg 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  6. /nl/articles/2106/15/news147.jpg 指をつまむだけの熱中症チェック 厚労省のセルフ確認が簡単すぎて活用したい
  7. /nl/articles/2106/15/news022.jpg 猫の夜鳴きで寝不足に→かたっぱしから対策した結果 思いがけない理由が判明する猫漫画が参考になる
  8. /nl/articles/2106/15/news127.jpg 【そんなことある?】相談者「徒歩3分圏内にコンビニ、5分圏内にスーパーがあって飲食店も揃ってて遊ぶ場所に困らない田舎を探している」→「ぶっとばすぞ」
  9. /nl/articles/2106/14/news100.jpg 死のうとする女性の前に「人食い鬼」現る おいしく食べられるために踊っていたら全てがどうでもよくなる漫画が話題
  10. /nl/articles/2106/16/news050.jpg 離乳食に興味を持たない1歳息子に、ママの意外な“秘策”がヒット! 真剣だけどシュールな作戦を描いた漫画にクスッとする

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10