ニュース
» 2014年09月12日 16時27分 公開

「日本のマンガには世界戦略などまったくない」――文化庁委託のマンガ流通調査の報告書が言い切っている

けっこう辛口。マンガの神様・手塚治虫さんの作品の海外出版事情が分かります。

[ねとらぼ]

 日本のマンガが世界に広がっている、国をあげて海外へ売り込まれている──テレビや新聞などの報道から、こんな印象を受けることもある昨今ですが、実際のところはどうなのでしょう? 文化庁の委託事業である「海外における日本マンガの出版状況の調査」の報告書から、その一端を知ることができます。

photo

 調査の初年度の成果としてまとめられたのは、マンガの神様とも言われる手塚治虫の海外出版状況。2013年末時点で流通している作品(手塚プロダクションが正式に許諾している作品)を調べたところ、許諾国は18カ国、言語数で17言語ということが分かりました。このうち14カ国については、報告書内で出版物をすべてリスト化。これらの国では合計で227タイトル、1225冊の手塚治虫作品が販売されています。

photo 手塚作品の国・言語別出版状況(報告書第2章より引用)

 調査結果を見ると、18カ国中12カ国で販売されている「鉄腕アトム」を頂点に、11カ国で販売される「ジャングル大帝」、10カ国で販売される「ブッダ」「アドルフに告ぐ」などが世界的にポピュラーな手塚作品といえそうです。

 国別に見ると、153タイトル・586冊を出版する台湾が、最も手塚作品を多く扱っている国となりました。また、バンドデシネの国・フランスでは52タイトル225冊の出版が確認され、絶筆となった「グリンゴ」「ルードウィヒ・B」といった作品から絵物語「ハトよ天まで」まで、幅広い作品がラインアップされています。さらに、韓国、スペイン、イタリア、アメリカといった国でも、手塚作品が多く出版されているようです。

一見「世界的」にも思えるが……

 報告書にはこうしたリストに加え、調査のディレクターを務めた幸森軍也さん(ダイナミックプロダクション所属 専修大学非常勤講師)が、喧(けん)伝される“世界で人気の日本マンガ”について、印象が一人歩きしている懸念を語っています。

 「出版月報」2012年8月号に掲載された特集「ライツビジネスのいま 出版コンテンツの海外展開」によると、日本マンガの書籍・雑誌を含めた海外市場は1380億円で、日本に入る収入は110億円程度。しかも、2008年をピークに市場規模は減少傾向にあるといいます。

 日本国内のマンガやマンガ雑誌の総売上高は約4800億円であり、「全世界を対象としたとき海外の売上が日本国内の数倍であっても不思議はないのに、実際には3割にも達していない」と幸森さんは指摘。「ハリー・ポッター」が世界67言語で販売されていること、ディズニーが常時80カ国に作品をライセンスしていることなども挙げつつ、日本を代表する作品すら20数カ国での出版にとどまっている現状を、「日本のマンガには世界戦略などまったくなく、日本の人々が思うほど売れていない」と語っています。

 アニメの広がりにより作品が世界で認知されるというケースも多そうですが、もし原作であるマンガ自体があまり読まれていないのだとしたら、ちょっと寂しいですね。出版不況とともにマンガの売上減少も叫ばれる昨今、海外市場の開拓も日本のマンガ文化を発展させるために必要かもしれません。手塚作品の出版状況を「十分」と思うか「もっと読まれるべき」と思うか──あなたはどっち?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/27/news100.jpg 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  2. /nl/articles/2110/27/news095.jpg 水川あさみ、週刊誌に対して怒りの反論 「事実無根だと言っても強行突破で発売」「かなり目に余るものがあります」
  3. /nl/articles/1904/10/news098.jpg 賀来賢人、“フライデー被害風”写真が超リアル! 「本当にそろそろやめてね」と写真週刊誌への本音も
  4. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  5. /nl/articles/2110/27/news109.jpg 「納言」 薄幸、テレ朝で警備員からまさかのシャットアウト “牢獄みたいな薄暗い部屋”へ閉じ込められる事態に
  6. /nl/articles/2110/27/news025.jpg 猫よけをびっちり置いた結果……子猫が!? ちんまりくつろぐ姿に「仲間がいた」「何やっても人間の負け」と爆笑
  7. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. /nl/articles/2101/23/news043.jpg 水川あさみ、5キロ増の“愛しきぜい肉”ショットが女優の勲章 「リアルお母さん体型」「気取らないとこが素敵」と反響
  9. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  10. /nl/articles/2110/26/news181.jpg 「学校へ行こう!」出演のパークマンサー、V6へ感謝のメッセージ 「ホントにホントにありがと言っちゃうアホだよ」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙