ニュース
» 2015年04月14日 12時04分 公開

「水中ニーソ」「フロントジッパー競泳水着」「ふともも」などフェチでアートな合同写真展開催 ここは“曖昧”という名の桃源郷かもしれない

合同写真展「曖昧☆美少女アート展」は4月29日から5月10日まで浅草橋で開催です。

[ねとらぼ]

 「水中ニーソ」や「フロントジッパー競泳水着」「ふともも」「絶対領域光るスカート」など、それぞれのフェティシズムや独特の着想にあふれた作品を発表している5組(予定)のアーティストが参加する合同写真展「曖昧☆美少女アート展」が4月29日から5月10日まで浅草橋にあるギャラリー「TODAYS GALLERY STUDIO」(東京都台東区)で開催される。

曖昧

 同写真展は、「世の中のさまざまなフェティシズムは人によって何かを感じたり、何も感じなかったりとすごく曖昧」と定義。あえて顔を映さない作品や、普段見ることの出来ない水中での神秘的な身体の曲線など、見る側の想像力に委ねられた“曖昧”さこそ、究極のアートと位置づけタイトルに“曖昧”とした。

 参加予定アーティストには「水中ニーソ」を手がける古賀学さん、絶対領域拡張計画「光るスカート」の開発者でもある面白法人カヤック所属の天野清之さん、ふともも写真集を昨年自費出版し脚光をあびたゆりあさん、ほかにもREALISEさん、口枷屋モイラさんらの名前が挙がっている。

 先着2000人に入場者特典として、台東区内で撮影したオリジナルデザインを含むポストカードセットが贈られる。

曖昧

曖昧

曖昧

曖昧

曖昧

曖昧

曖昧

曖昧

曖昧

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」