ニュース
» 2015年06月12日 17時51分 公開

攻殻機動隊「3D草薙素子」が誕生! 3Dモデルをぐりぐり回して堪能できる

光学迷彩も操れる!

[林健太,ねとらぼ]

 「攻殻機動隊」で描かれたテクノロジーの実現可能性を模索するプロジェクト「攻殻機動隊 REALIZE PROJECT」から、Webコンテンツ「3D草薙素子」が公開されました。

 

3D草薙素子 3D草薙素子

 3D草薙素子は、イメージモデル2人を360度から80台以上のカメラで撮影(高速スキャン)し3Dデータ化したもの。モデルは、カリスマコスプレイヤー・グラビアアイドルプロデューサーのうしじまいい肉さん、モデル・レースクイーンの有馬綾香さんが務めています。

3D草薙素子3D草薙素子 光学迷彩を薄くすると……、あれ?この顔は
3D草薙素子 うしじまいい肉さんでした
3D草薙素子 このヒップライン。間違いない

 撮影に使われた先端技術は、あらゆる角度から撮影された2次元の画像を3次元データにする技術「フォトグラメトリー」。フォトグラファーの桐島ローランドさんと、同氏が運営・監修に携わる日本ではじめての「フォトグラメトリー」専用スタジオ「Avatta(アバッタ)」が手がけました。

 PCのWebブラウザ上で、回転や拡大、同作ではお馴染みの「光学迷彩」の度合いを調整するなどして、360度あらゆる角度から堪能することができます。操作にあわせ、背景にあるオブジェクトや光が、リアルタイムで衣装に写り込む様子は見応えがあります。

3D草薙素子 全方向から堪能できる
3D草薙素子 撮影スタジオ

 ちなみに、同プロジェクトは6月20日公開の映画「攻殻機動隊 新劇場版」にあわせて発表会が開催され、企業・研究者・製作委員会が一体となり、情報発信や起業支援などを行っていくことが発表されました。3D草薙素子をはじめ、プロジェクトの今後の展開に熱い視線が注がれています。

林健太

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン