「中国嫁日記」のマンガ家 「とらのあな」との掛率の取り引きをブログで明かし炎上

委託販売しているフィギュアの売上の取り分を特別に上げてもらったと公表したところ……。

» 2015年06月19日 21時47分 公開
[黒木 貴啓ねとらぼ]

 マンガ「中国嫁日記」の作者・希有馬(井上純一)さんが、同人ショップ「とらのあな」で委託販売しているフィギュアの利益の取り分を特別に引き上げてもらったことを自身のブログで明かしており、ネット上で物議を醸しています。

画像 炎上しているエントリ「長らく更新出来ず、申しわけありませんでした」

 話題になっているのは、井上さんがブログ「月サンは困ってます」で6月18日に公開したエッセイマンガ。「中国嫁日記」に登場する「月(ゆえ)サン」のフィギュアを自主制作して「とらのあな」で販売したものの、在庫が半分ほど残っていてピンチを迎えている、という近況をつづった内容です。

 マンガでは、在庫を売り切るために価格を下げてイベントで手売りするという告知が主題だったのですが、ネットで注目を集めたのは、途中で描かれていた「とらのあな」スタッフとのやりとりの部分。フィギュアの価格を安く設定しすぎて困っていた井上さんに、スタッフが「普段は値段の7割がサークルの取り分ですが…これを8割にするというのは…」と、販売価格の卸値の掛率(井上さん側の取り分)の引き上げを提案します。

画像 問題となっている「とらのあな」スタッフとのやりとりのシーン

 井上さんも「マジですか!?」と感激。「こういったことはめったにしないんですけど」「長い付き合いですから… 困ったときはお互い様ですよ」というスタッフのセリフとともに、こうした「とらのあな」のはからいによってフィギュアの赤字は回避できたと、2人のやりとりを紹介しています。

 このように「とらのあな」側のマージン(売上高から原価を引いたもの)をさらっと公表したことに、ブログへのコメントでは「価格や仕切り価格は非常に繊細な問題なので、それを晒(さら)すのが信じられない」「なんでマージン晒すんだ。下手したら担当者さん首飛んじゃうんじゃない?」と批判の声が続出。

 また「とらのあな」が特別に掛率を引き上げたという内容だったため、「恩をドロップキックで返してる感ある」「このマージン晒しで得する人ってジンサン(※編注:井上さん)と一部読者以外誰もいないよね 一般サークルは知りたくなかった事実を知って自分が軽視されてる気になるし虎は取引先から失望されるしで」「7割の取り分で取引してるサークルからとらのあなに問い合わせが殺到する予感……!」とさまざまな意見が上がっています。

 なお「とらのあな」はもともと公式サイトの「取引約款」で、同人サークルから委託された作品を専売(「とらのあな」のみで販売するという契約)する場合は、サークル側の販売価格の卸値の掛率は67%であることを公表しています。井上さんと「とらのあな」でこのようなやりとりが実際にあったかどうか、また特別な掛率の変更を過去にも行ったことがあるか、「とらのあな」に確認中です。

追記

 6月20日に井上さんが、「とらのあな」とのマージン引き上げの件について発言するために、新たなTwitterアカウントを開設。同人業界において苦楽をともにしてきた相手との「長い付き合い」に触れただけであったとして、考えをツイートしています。(※6月24日追記を参照)

2015年6月24日 追記

 本件について、「とらのあな」を運営するユメノソラグループの広報担当者から回答をもらいました。「井上先生の取り分の変更を行ったという点は事実」「ただマンガ内のような、その場で担当者個人の判断で行った点等については、フィクションが入っている部分もある」そうです。またこのような特別な掛率の変更を過去にも行ったことがあるかについては、「営業の機密に関わる部分になるため回答できない」とのことでした。

2015年6月24日 追記

 6月20日に井上さんの別アカウントによる発言として紹介し追記しましたが、そのアカウントが偽物であると井上さんご本人が証言しています。確証がないまま発言を紹介し、井上さんおよび関係者の皆様にご迷惑をおかけしました。追記の発言部分について修正しお詫びいたします。

2015年6月26日 追記

 井上さんのツイートによると、「まずあの漫画に関しては、事前にとらのあなにネームを送り、許可を受けた上でネットにUPしました」とのこと。この件について、「とらのあな」の担当者に確認したところ、「“井上先生の取り分の変更を行ったことは事実”以上のことは返答できない」との回答でした。



黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/22/news104.jpg 「これは凶器」 祭りで購入した“とんでもない”フライドポテトが420万回表示 「主治医に怒られるレベル」
  2. /nl/articles/2407/24/news013.jpg 深海魚をさばいたら中から光り輝く“お宝”が……! 驚くべき正体に「何これー!!!」「すごくキレイ」
  3. /nl/articles/2407/23/news020.jpg ダイソーの“変な水槽”に魚を入れたら…… 意外な発見に「綺麗」「買いに行きます!」の声続々、驚きのアイデアが話題
  4. /nl/articles/2407/23/news125.jpg 「ごめん本当キツい」 仲里依紗、“円安のあおり”で米ディズニーランドの入場断念へ……10年前の結婚時から“恐ろしい値段”「約倍になってんの」
  5. /nl/articles/2407/24/news014.jpg 庭で見つけた“変なイモムシ”を8カ月育てたら…… とんでもない生物の誕生に「神秘的」「思った以上に可愛い」
  6. /nl/articles/2407/22/news097.jpg 「花火どころではなかった」 雷雨で中止になった花火大会、雷のすごさが分かる画像に「中止にして良かった」の声
  7. /nl/articles/2407/24/news131.jpg 「やり方がとにかく汚い」プライベート画像流出に『Popteen』専属モデルが言及 「本当につらい」
  8. /nl/articles/2407/22/news083.jpg 「もうこりごりだ〜」 財布に新紙幣を入れたら…… “まさかのビジュアル”に爆笑 「昭和アニメのオチかな?」
  9. /nl/articles/2407/24/news050.jpg 小1の子どもに「オシャレノート」を買い与えたら“まさかの号泣”…… 納得の理由が「そりゃあ仕方ない」と810万回表示
  10. /nl/articles/2407/24/news007.jpg 母「お風呂、超リラックスできるようにしたから」→見に行くと…… 広がっていた“異空間”に「おもろすぎるwww」「クソ笑ったwwしんどい」
先週の総合アクセスTOP10
  1. プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  2. 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  3. 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  4. 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  5. ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  6. 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  7. もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  8. アジサイを挿し木から育て、4年後…… 息を飲む圧巻の花付きに「何回見ても素晴らしい」「こんな風に育ててみたい!」
  9. スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  10. 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」