ニュース
» 2015年09月30日 20時30分 公開

世界初! “光るカメ”を南太平洋で発見! 米研究チーム

爬虫類の生物蛍光(biofluorescence)が確認されたのは初めて。

[ねとらぼ]

 米ニューヨーク市立大学の研究チームが、南太平洋で赤と緑の蛍光色を放つウミガメに遭遇しました。爬虫類の「生物蛍光(biofluorescence)」が確認されたのは世界初のケースで、ナショナルジオグラフィックの公式チャンネルに映像が投稿されています。


 光っていたのは絶滅危惧種でもあるタイマイ。同大の海洋生物学調査チームが今年7月、ソロモン諸島付近でサンゴ礁を撮影していたところ、どこからともなく現れたそうです。「生物蛍光(biofluorescence)」とは、体表面に青い光などが当たると別の色として再放出する能力のことで、生物が光を生成したりする「生物発光(bioluminescence)」とは異なります。調査チームでは、カメラに海中と同じ青色の照明を搭載し、レンズに黄色のフィルターをかぶせることで蛍光発光を観察しました。

 蛍光能力について分かっている部分は少なく、「どのようにして得たのか?(蛍光物質を食べる、自力で生成する)」「他のウミガメも同様の力があるのか」など解明するべき事柄がたくさんあるとのこと。

 今回の発見は、カメの研究者にも大きな衝撃を与えており、タイマイ保護団体(ICAPO)のアレキサンダー・ガオスさんは「本当にとても驚くべきこと」とコメントしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた