ニュース
» 2015年10月01日 21時03分 公開

日本初のポッチャリ系メンズ誌が創刊 その名も「Mr.Babe」 デブじゃないよ、ベイブだよ

意味は「頬ずりしたくなるほど愛おしい紳士」。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 日本初となる、ポッチャリ体型の男性をターゲットにしたファッション・ライフスタイル誌「Mr.Babe」(ミスターベイブ)が10月26日に大洋図書から創刊されます。誌名の意味は「頬ずりしたくなるほど愛おしい紳士」。オレたちの時代が来るというのか。

ポッチャリ 「Mr.Babe」表紙

 読者は30代〜50代の「ポッチャリ系男性」(厚生労働省調査によるBMI25以上の肥満体形の男性)を想定。厚生労働省によると日本では男性の30%以上が“肥満”で、30代・40代を中心に肥満率が増加しているそう。一方、同誌の独自調査で「結婚するならポッチャリメンズがいい!」という大人女子が50%を超えているのがわかったため、創刊に至ったといいます。

ポッチャリ 誌面イメージ。ポッチャリだけどかっこいい……

 特集するファッション企画は「ワガママなボディーにジャストフィットするファッションアイテムショップBEST10」や、米俳優のジャック・ブラックなどポッチャリ系セレブリティーのコーディネートまとめなどです。ポチャメン向けのモテ企画として、「ガッツリ食べてきっちり健康!不健康なポチャメンでは『婚活』『恋活』ははじまらない」や、「『ポッチャリメンズが大好きな!大人女子プロジェクト』〜大人女子がポッチャリメンズとつき合う&結婚したい理由とは〜」なんてものも。

ポッチャリポッチャリ 誌面イメージそのほか

 コラム・インタビューでも国内の著名なポチャメンを起用。元プロレスラーの佐々木健介さんや、お笑いのTKO・木下さん、島田洋七さん、豊満乃風さん、さらには映画監督の大根仁さんや爆笑ツイートでおなじみ「意識の高いデブ」さんといった面々が登場します。

 価格は680円(税込)。2013年に日本初のポッチャリ女子向けのファッション誌「la farfa(ラ・ファーファ)」がぶんか社から創刊、現在まで毎月発行されていますが、「Mr.Babe」も同じように支持されるのか気になるところです。「Mr.Babe」編集部では創刊を記念し、読者参加型企画「デブのための写真展」を開催するためのプロジェクトを、クラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING by T-SITE」で立ち上げています。

ポッチャリ 「デブのための写真展」クラウドファンディングページ

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」