ニュース
» 2015年10月05日 14時43分 公開

JR西国分寺駅「ビー玉がドアに挟まり大混雑に」話題 実際は「数珠のような玉」、3分で運転再開

数珠でつながっていたと見れらる玉1粒で、月曜朝から騒動が。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 10月5日7時30分ごろJR東日本・中央線の西国分寺駅で、ビー玉がドアに挟まったため停車車両がドア点検に入り、各沿線に大混雑を及ぼしたといううわさがネットで話題になっています。JR東日本八王子支社によると、実際はビー玉ではなく「数珠のような玉」1個で、3分ほどの点検でドアの安全が確認できたためすぐ運転を再開。同じ時間帯に青梅線への直通電車を上下線数本、分離運転に切り替えて対応しました。

画像 JR東日本公式サイト

 ドア点検が行われたのは7時27分から30分まで。中央線ではアナウンスで、“ビー玉のようなもの”がドアに挟まったためドア点検に入ること、点検する快速電車1本は回送にすることを利用客へ説明しました。そのためTwitterでは「中央線、ビー玉が挟まり、ドアが閉まらなくなる」「前の電車が西国分寺でビー玉挟まってドア閉まらなくて回送電車になるらしい」「命名:ビー玉テロ」と、ビー玉1個が電車1本を回送にし各線へ影響をもたらしたとうわさに。

 点検ではドアが無事に開閉できることが確認できたため、車両は回送に切り替ることなく運転を再開。挟まっていたのは数珠のようにつながっていたと見られる玉1個で、なぜドアに数珠のような玉が挟まっていたのか原因は不明です。JR東日本の遅延証明書によると、10月5日7〜11時に生じた列車の遅れは、中央快速線・中央本線で最大50分、青梅線で最大40分でした。

画像 発行された中央快速線・中央本線10月5日7〜11時の遅延証明書

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む