ニュース
» 2015年10月13日 14時15分 公開

プレイボーイ、ヌードやめるってよ 雑誌「PLAYBOY」がヌードグラビアの掲載を終了へ

プレイボーイからヌードグラビアを取っても、未来は残る。

[西尾泰三,ねとらぼ]
PLAYBOY創刊号の表紙を飾ったのはマリリン・モンローでした PLAYBOY創刊号の表紙を飾ったのはマリリン・モンローでした

 1953年9月創刊の月刊誌「PLAYBOY」(プレイボーイ)といえば、すぐに連想されるのがヌードグラビア。しかしそのイメージも時代の変化とともに変わろうとしているようです。

 New York Timesが伝えるところによると、同誌は2016年3月に予定されている誌面のデザインリニューアルで、ヌードグラビアの掲載をやめる考え。同誌を創刊し、89歳ながら現在も編集長として名を連ねるヒュー・ヘフナー氏を交えた議論が9月に行われ、そこで今回の提言への合意があったとされています。

PLAYBOYで画像検索したところ PLAYBOYで画像検索したところ

 この背景には、インターネットの普及により、そうしたものを誰もが簡単に閲覧できるようになった現在、商業的にも文化的にもヌードグラビアの掲載は「時代遅れ」という判断があるようです。この判断を後押しする材料として、2014年8月に同様の方針でリニューアルされた同誌のWebサイトは、リニューアル後、サイト訪問者の年代が40代後半から30代前半に、サイトアクセスも4倍になったとしています。

PLAYBOY Webサイト PLAYBOY Webサイト

 1970年代の560万部から近年では80万部程度にまで落ち込んでいるPLAYBOY誌。日本でも「月刊プレイボーイ」として集英社から刊行されていましたが、こちらは2009年1月号で終刊していました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」