ニュース
» 2015年10月14日 20時35分 公開

「三田のキモオタが急逝」 人気ネットユーザーの死亡デマが広まる

弟を名乗る人物が出現、死亡説が流れるも本人が否定。

[ねとらぼ]

 Twitterで10月14日、人気ネットユーザーの三田のキモオタさんが死亡したといううわさが広まっていました。14日11時ごろに「三田のキモオタの弟」を名乗る人物が「兄が急逝した」と投稿したのが原因なのですが、その後、本人がTwitterに登場。「デマです」と否定しました。

 三田のキモオタさんはフォロワー4万人超のTwitterユーザー。アニメやゲームなどに並々ならぬ情熱を注ぐことで知られ、今年6月には「原稿用紙200枚分くらいのレビューを書くから、オナホを送れ」と投稿したところ、グッズメーカーの「TENGA」や「トイズハート」が反応。本当にレビューを書くことになるなど、SNSならではの展開で注目を集めていました。

画像 偽弟

 しかし、ここ2カ月ほど更新がなく、一部では心配の声があがっていました。そうしたタイミングで弟を名乗る人物が登場。「8月9日 急逝致しました」「報告が遅れました事を深くお詫び申し上げます」と投稿し、5000RT以上されるなど話題になりました。

 すると、夕方になって本人がTwitterを更新。「仕事が忙しく、レビューを書き終えるまでTwitterは自粛しようと思っていた」と状況を説明した上で、「僕に弟は居ません 僕が死んだ等という情報はデマです」と否定。「冗談や遊びだとしても度が過ぎていると思います。こちらの件に関しましては後日何らかの対処をさせて頂きます」と偽の弟へ苦言を呈しました。

 SNSを更新していないと、偽の身内が現れて死亡説が流れる。現代の不気味なリスクについて考えされられる一件です。

レビューのやりとり(一部)

画像 三田のキモオタさん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた