ニュース
» 2015年10月19日 23時22分 公開

世界から注目された日本人作成ゲーム「DownWell」、発売3日で開発資金を回収

おめでとうございます!

[池谷勇人,ねとらぼ]

 10月15日にリリースされたインディーゲーム「Downwell」(iOSSteam)の作者・もっぴん(@moppppin)さんが、「発売3日で無事開発費を回収することができた」とTwitterで報告しています。



 「Downwell」は果てしなく続く井戸の中を、ひたすら下へ下へと降りていくアクションゲーム。地形は毎回新しく生成され、途中には買い物ができるお店があったりと、ローグライク的要素も入っています。



 本作が注目を浴びるようになったのは昨年9月のこと。国内のインディーゲーム開発者が集まるイベント「Tokyo Indie Meetup」ではじめてお披露目されたところ、そのユニークな内容に、たちまち世界中のゲーム開発者から「なんだこれは!」と注目を浴びる結果に。当時もっぴんさんはまったくの無名でしたが、それもそのはず、このころはまだ学生で、ゲームを作り始めてわずか2カ月だったそうです(参考記事)。


画像画像 「ガンブーツ」と呼ばれる武器で、ガンガン敵を倒していくのが気持ちいい!

画像画像 井戸の途中には、パワーアップアイテムを売ってくれるお店も

 その後「Downwell」は世界的ゲームパブリッシャー・Devolver Digitalに見初められ、またたく間に全世界リリースも決定。ゲーム開発歴わずか1年の日本人クリエイターが、世界的パブリッシャーを射止めた驚きも相まって、インディーゲーム好きの間では、いつ出るのか、いつ出るのかと心待ちにされていた作品でした。

 実際どれくらいの開発費がかかっていたのかは不明ですが、何にしても、わずか3日で開発費を回収できたというのはすごいこと。気鋭の日本人ゲームクリエイターとして、ますますもっぴんさんの今後の活躍に注目が集まりそうです。

 「Downwell」はiOS版が360円、PC版(Steam)が298円でそれぞれ発売中です。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響