ニュース
» 2015年10月27日 14時00分 公開

バイク乗り驚喜 「RIDERS CLUB」500号記念で全号デジタル化して公開

バイクへの熱い思いに再び火が入る人も少なくないはず!

[西尾泰三,ねとらぼ]

 1978年に創刊後、日本のバイクシーンを取り上げ続けてきたスポーツバイク専門誌といえば、エイ出版社の「RIDERS CLUB」。同誌が10月27日発売号で通算500号となったのを記念し、創刊号から500号までのすべてをデジタル化して「RIDERS CLUB digital LIBRARY」として公開しました。

RIDERS CLUB digital LIBRARY RIDERS CLUB digital LIBRARY

 同誌は1978年創刊。世界グランプリ転戦から帰国した元GPライダー根本健氏を編集長に迎えるなどし、バイク雑誌の先駆け的な存在としてその地位を確立していきました。

創刊号の表紙はルマンI 創刊号の表紙はルマンI
光指すKATANAの勇姿(39号より) 光指すKATANAの勇姿(39号より)


 全号をデジタル化した今回の企画は、500号記念号(デジタル版除く)誌面にシリアルコードを記載。それを専用サイトで入力すると初回ログインから2週間読み放題となります。期間は11月26日まで。専用アプリなどは不要で、スマートフォンやタブレットなどでも読むことができます。

ブラウザビューワでサクサク読める ブラウザビューワでサクサク読める

 中でも圧巻なのは、単なるプリントレプリカではなく、丁寧にメタデータを設定することで、年代、メーカー・車種、キーワードなどの検索が容易なこと。

検索性もよい。モデルチェンジごとの試乗記事を読むだけでも終わってしまいそう

 例えば、80年初期に登場し、映画トップガンでトムクルーズが戦闘機と並走したり、ジャンプしたりするシーンで有名となったペットネーム「Ninja」ことカワサキ GPZ900R、あるいはスズキGSX1100S KATANA、ホンダ NSR250Rといった、バイク乗りをうならせる名車たちをモデルチェンジ時のインプレッションなどと合わせて楽しむことができるようになっています。

 約4000台の試乗記事を含む約9万ページのボリュームは、日本におけるスポーツバイクの歴史の過去、現在、未来を網羅してきた同誌の歴史を感じさせます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響