ニュース
» 2015年10月29日 21時00分 公開

胸の谷間に飛び込むフィギュア「タニマダイバー」に新作 柔らかいふくらみを追い求める「マシマロハンター」が誕生

エコードワークス、いいかげんにしろ!(褒め言葉)

[ねとらぼ]

 胸の谷間に飛び込むネックレス型フィギュア「タニマダイバー」の新作が登場しました。アニマルタイプ2種類と、新しいコンセプトの「マシマロハンター」4種類がラインアップに加わります。

画像

 タニマダイバーは、独特なグッズ展開で定評があるエコードワークスが、昨年クラウドファンディングにより製品化したアイテム(関連記事)。今夏には写真集も発売されるなど注目を集めています(関連記事)。

画像画像 ムササビ、マッコウクジラ

 追加されるアニマルタイプは、ムササビとマッコウクジラ。新作の「マシマロハンター」は、“胸の谷間に飛び込む”ダイバーに対し、谷間ではなく胸の大小を問わず“柔らかなふくらみを求める”存在です。デザインはクライマー・ニンジャ・ベイビー・ナマケモノの4つで、価格は各2000円。

画像画像 クライマー、ニンジャ

画像画像 ベイビー、ナマケモノ

 10月30日より「Tokyo Design Week 2015」で先行販売するほか、11月1日以降に一般販売を開始。現在、公式オンラインショップヴィレッジヴァンガードオンラインストアにて予約注文を受け付けています。

制作背景と経緯(作者コメント)

 タニマダイバーはネックレスとして首に付けることで、胸に飛び込むシチュエーションを再現し、それを口実に「女性の胸元をじっくり覗きこみたいがチラ見に甘んじている男性」と、「胸元をアピールしたいが周囲を気にして露出を控えている女性」両者のニーズを叶える作品です。普段は隠されて見えない、見てはいけない胸元に公然と視線を集めることを可能にしました。

 一方で思わぬ誤解も生んでしまいました。胸元を比喩的に表現するために”タニマ"ダイバーと名づけたことと、WEB上のインパクトを考慮しイメージヴィジュアルに胸の大きいモデルを起用したことで、「谷間がない女性は付けられない」「巨乳専用」という誤った先入観を与えてしまったのです。これは作者の意図に反するものでした。

 当然男性にとって好みのバストというのは人それぞれですし、バストのどこにフェティシズムを感じるかを考えると、その判断基準は決して胸の大きさだけではありません。

 胸元に起因するフェティッシュの要素には、例えば普段隠されている胸元がふとした瞬間に見えてしまった時のチラリズムや、自身の胸チラに気付き恥じらう時の表情といったものも含まれるでしょう。

 そしてこの場合、胸に自信を持てず胸元の露出を控えている女性の方がチラリズムとしてのインパクトは強く、より一層のフェティシズムを感じさせることができるものです。胸が小さいことは決してウィークポイントではなく、むしろさり気なくアピールすることで男心を鷲掴みにする武器になりえるのです。そしてそのきっかけとしてタニマダイバーを活用して欲しかったのですが、真意を適切に表現しきれず痛恨の念を抱いたのでありました。

 そこで今回の新作制作にあたっては、「大きな胸の谷間に飛び込む」のではなく「大小様々な柔らかいふくらみを追い求める」という男の浪漫にスポットをあててキャラクターを再設計しました。丘のように穏やかなふくらみも、山のごとく壮大なふくらみも、男にとっては甲乙つけがたい憧れのの対象ではないでしょうか。そんな想いから大きな胸の谷間に飛び込みたいダイバーと、柔らかな胸のふくらみを手にしたいハンター、2カテゴリーでキャラクター展開に望みました。両者の共存はそのまま現実世界における我々男子の「嗜好のゆらぎ」を表すものであります。

 最後にマシマロハンターのコンセプトストーリーをご紹介致します。

MASHI-MALO HUNTER

浪漫を追求する男達が思いを馳せる一双の秘宝「MASHI & MALO」。柔く慎ましい2つのふくらみを手にすることは男達にとって永遠の夢なのだ。決死の覚悟で夢を掴まんとする姿に敬意を払い、人は彼らをマシマロハンターと呼ぶ。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2108/03/news132.jpg 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  2. /nl/articles/2108/03/news016.jpg 柴犬「ぬれるのイヤ〜!!」→その後の行動に爆笑 飼い主のズボンでゴシゴシ顔をふくワンコが面白かわいい
  3. /nl/articles/2108/03/news073.jpg 「四千頭身」石橋、体操銅メダルの村上茉愛とは“かなり仲良い友達” 「結構前の写真」投稿も別箇所に注目集まる
  4. /nl/articles/2108/02/news119.jpg タクシー相手に「あおり運転」繰り広げたミニバン 巻き込まれて急停止したトラックから泥化した土砂がドシャアと降り注いで破壊される
  5. /nl/articles/2108/03/news029.jpg もしや女として見られていない? 突然の別れ話に「勝負メイク」で抵抗する漫画 彼氏の言葉がじんと響く
  6. /nl/articles/2107/09/news134.jpg 「全ての支出を一度見直してみました」 小倉優子、“食費15万円”の反響を受けて節約生活スタート
  7. /nl/articles/2108/03/news007.jpg 暑い日、ミツバチご一行が手水舎に訪れ…… 専用水飲み処を作った神社の対応に「素敵」「優しいお宮さん」の声
  8. /nl/articles/2108/02/news111.jpg 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  9. /nl/articles/2108/02/news038.jpg 「実は私…人の心が読めるの」クラスメイトから突然の告白、その真意は? 全部バレちゃう漫画がキュンとなる
  10. /nl/articles/2108/03/news102.jpg 小倉優子、週刊誌報道に「当たり前ですが、私の働いたお金で生活しています」 7月に月の食費「15万円」と公表

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くたばれ」「消えろ」 卓球・水谷隼、SNSに届いた中傷DM公開&警告「然るべき措置を取ります」
  2. 「貴さん憲さんごめん。いや、ありがとう」 渡辺満里奈、とんねるずとの“仮面ノリダー”思い出ショットが大反響
  3. 怖い話を持ち寄って涼もう→「オタバレ」「リボ払い」 何かがズレてる怪談漫画がそれはそれで恐ろしい
  4. おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  5. 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気
  6. 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  7. 五輪飛び込み金メダリスト、“手作りメダルポーチ”披露 英国と日本にちなんだデザインが「これまた金メダル級」と反響
  8. 武井壮、行方不明だった闘病中の父親を発見 「電気ついてるのに鍵閉まってて……」本人は自宅外で休憩
  9. 「涙が止まらない」「やっと一区切り」 東原亜希、夫・井上康生の監督退任で“17年分の思い”あふれる
  10. 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する