ニュース
» 2015年11月24日 13時10分 公開

オオ、ワザマエ! ニンジャヘッズたちが親しむサイケデリックな色彩の「ネオサイタマ風スシ」が再現される

ザ・ヴァーティゴ=サン「体力回復にはまずはスシ」。

[高城歩,ねとらぼ]

 「ニンジャスレイヤー」において、ニンジャが食せばニンジャ回復力を強めることができるというスシ。現実のスシ(オーガニック・スシ)ではなく、なんと忍殺世界におけるスシを再現した人が現れました。


画像 これが忍殺世界の“スシ”……! 画像提供:倉戸みとさん(@mitragyna)

 このサイケデリックでさながら美的なネオサイタマの「バイオ・スシ」。現代に生きる一般人の我々が知ってるオーガニック・スシとは“徹底的な差別化”がはかられています。バイオ・スシはオーガニックの「模倣/代用品」ではなく、「改良/対抗品」として、ニンジャヘッズ達に親しまれているのだとか。

 ちなみに味はフツーのお寿司と変わらないというから実際スゴイ。バイオ・スシを制作した倉戸みとさんいわく「生魚の味と食感を再現するため、呈味性アミノ酸の抽出に関する論文とか人工寿司ネタの特許とか、マジメに調べてます。」とのこと。食べてもダイジョブ!


画像 倉戸みとさんのブログサイトより

 この見事に忍殺的アトモスフィアをかもしだしたスシに、人々からは「ゴウランガ!」「ワザマエ!」と称賛めいたコメントが続々。ニンジャヘッズ、食すべし。

高城歩

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する