ニュース
» 2015年11月30日 18時01分 公開

"父は競走馬、母は人間、それ以外はごく普通" 頭だけ馬の女子大生が主人公のカオスなドラマに「普通」の定義が問われる

”ケンタウロスの逆”を実写で!?

[コンタケ,ねとらぼ]

 「日テレ無料!(TADA)」とUmabiによるWebドラマ「走れ!サユリちゃん」が、最高にカオスでシュールなことになっていました。主人公の「馬場サユリ」は”父は競走馬、母は人間、それ以外はごく普通”の女子大生とのことですが、首から上が完全に馬です。「ごく普通」という言葉の定義が問われかねません。


サユリちゃん 「走れ!サユリちゃん」。”普通”とは一体……(画像は公式サイトより)



 ケンタウロスとは逆に”上半身が馬で下半身が人間”の生き物がいたらシュールだよね、なんて話をたまに聞きますが、まさかそれを実写でやるとは。正確には上半身ではなく首から上が馬ですが、シュールなことには変わりありません。

 ちなみに、サユリちゃんの声は声優の竹達彩奈さんが担当。馬の顔から発せられる竹達彩奈さんのすばらしい演技が、シュールさを加速させます。どう考えても馬からその声は出ないでしょ……。

 しかし、ドラマ本編では、確かに顔が馬なこと以外は本当に普通の女子大生です。周りの人も顔が馬であることにどうこう言わず、さも当たり前のように話が進んでいきます。あれ、本当にごく普通だ……と思っていたら、真後ろから近づいてきたサークル仲間にすぐに気が付き一言。「私、視界が350度あるから」お前はやっぱり”普通”じゃねえ!

 また、家で食卓を囲むシーンも、人間、馬、馬人間とこれまた大変シュール。父親は純正の馬なので、会話はすべて「ヒヒーン」とか「ブルルルル」とかです。なぜ母は父の言葉が理解できているのでしょうか。


食卓 ほほえましい馬場家の日常(画像は「走れ!サユリちゃん」本編より)

 だんだん見ているこっちの頭がおかしくなってきそうですが、Webドラマだからこそできる攻めた内容だと思います。次回は一体どうなってしまうのか、楽しみなような怖いような思いです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」