ニュース
» 2015年12月12日 12時32分 公開

「美のスタンダードを変革したい」 イケメンすぎる顔立ちの女性がヴィクトリアズ・シークレットのモデル基準に挑む

“女性なのに男性的”だと言われ続けてきた彼女。自らVSのモデルと比較する写真を公開。

[高城歩,ねとらぼ]

 英国のランジェリーブランド「ヴィクトリアズ・シークレット(VS)」といえばトップモデルへの登竜門とも言われる「エンジェルス」と呼ばれているモデルたちの存在でおなじみ。長くつややかな髪に、甘いフェイス、女性らしい曲線のライン、細く長い脚には世界中の女性たちが憧れを抱いています。しかし、そのような「天使」の基準に対して、“男性的”な風貌の女性モデルが待ったをかけました。


画像 レイン・ダブさんのInstagramより

 モデル歴は2年ほどだというレイン・ダブさん。そのイケメンな顔立ちから、日常生活においても男性と間違われる機会も多いのだとか。ファッション業界では男性用も女性用の服も着こなせるモデルとして活躍しています。中性的でかっこよく、どこか神秘的な印象すらあります。

 しかしながら、ヴィクトリアズ・シークレットのモデルオーディションに参加した際に、その中性的な容姿、受け取る側にとっては“男性的すぎる”顔立ちが壁となってしまいました。そこで、彼女はVSのモデルたちと全く同じ下着をまとい、ポーズを決めた写真を公開。自分のスタイルがVSでも通用することを証明しようと試みたのです。


画像 ヴィクトリアズ・シークレットのモデルたちと同じ下着、同じポーズで撮影した写真を公開

 

 これまで「パーツモデルとしては最高なんだけど」などと、顔に関しては“ギャグ”のノリで扱われてきたという辛い経験も。

 彼女は「ヴィクトリアズ・シークレットのショーで最も美しいとプロモーションされている女性を毎年見てきました。私のこれまでのキャリアで、みなさんが“美しい”ということに関してどのような意見を持っているのかということも経験してきました。私はみなさんの思っている“美”ではなかった。多くの人もそうです。“美”は限定的で範囲が狭いもの。それを変革する必要がある」と述べています。

 自分のスタイルが他のモデルたちと引けをとらないことを証明したレイン・ダブさん。コンプレックスを抱えて殻の中に閉じこもるのではなく、自らの力で“新しい基準"を切り開こうとする姿勢が美しいですね。

高城歩

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン