ニュース
» 2015年12月16日 03時00分 公開

石原プロがデジタル配信事業に参入! 「大都会」「西部警察」シリーズ計368話をネットで配信

2016年の元日から順次配信。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 石原プロモーションが初のデジタル配信事業に乗り出すことを発表した。「大都会」シリーズが来年1月6日で放送開始40周年となることを記念したもので、同年1月1日から「大都会」シリーズPARTI〜III(全132話、1976〜1979年)と「西部警察」シリーズPARTI〜III(全236話、1979〜1984年)を順次配信開始する。

石原プロモーションがデジタル配信事業に参入 正月から心穏やかでいられないな

 「大都会」シリーズは、「黒部の太陽」「栄光への5000キロ」などの映画を手掛けてきた石原プロモーションにとって初のテレビドラマシリーズで、石原裕次郎さん、渡哲也さん、松田優作さんの三大スターが初めて共演したことでも知られる。シリーズ1作目は倉本聰さんが企画原案を担当しており、アクションよりも人間ドラマに重点を置いた内容。シリーズ2作目からは、ハードなアクションを取り入れたエンターテイメント性の高い作品となっている。

 「西部警察」シリーズは、警視庁西部警察署捜査課の大門部長刑事(渡哲也)を中心とした“大門軍団”の刑事たちと、それを見守る木暮課長(石原裕次郎)が凶悪犯罪に立ち向かう姿を描いた作品。息を飲む迫力のカーチェイスや、ド派手な爆破シーンなどが視聴者の心をつかみ、シリーズの平均視聴率は20%を突破。出演俳優1万2000人、ロケ地4500カ所、封鎖した道路4万500カ所、壊した車両の数約4680台(1話平均20台)といった桁違いのデータが同シリーズの人気を裏付けている。

 主な配信予定サイトは、Google Play、Hulu、TSUTAYA TV、U-NEXTなど。

石原プロモーションがデジタル配信事業に参入

「西部警察」シリーズより

「大都会」シリーズより

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン