ニュース
» 2016年08月24日 07時00分 公開

厚さたった2ミリ! 手帳にはさめる充電器「ソーラーペーパー」先行販売受付中!

普段使いやアウトドア、非常用にも便利そう。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 世界でもっとも薄くて軽いYOLK(ヨーク)のソーラー充電器「Solar Paper(ソーラーペーパー)」の先行販売が、クラウドファンディングサイト「Makuake」で始まっています。販売するのは、モバイルケース・アクセサリーなどを取り扱う、ロア・インターナショナル(東京都新宿区)です。

ソーラーペーパー ソーラー充電器「Solar Paper(ソーラーペーパー)」

 「ソーラーペーパー」は、太陽があれば発電できる「ソーラーパネル」を使った充電器。太陽の下でパネルを開きUSBケーブルをつなげると、スマートフォン・タブレット・モバイルバッテリーなどのデバイスに充電できます(本体に蓄電機能はありません)。

 サイズは幅約9センチ、高さ約17センチ。パネルの一番薄い部分の厚さは2ミリです。パネルは1枚2.5Wで、本体を含め最大6枚(15W)まで追加可能。晴れた日なら約2時間半でスマホをフル充電できます。パネルは磁石の電極を通じてメインパネルにつながり電力を生成するので断線の問題もありません。

ソーラーペーパー サイズは、スマホより一回り大きいくらい

 本体のデジタル電流計ではリアルタイムの電流量が確認でき、一度日光を遮られても、再び日光が照らし始めると自動で充電を開始するオートリセット機能付き。パネル部分は防水・防塵機能機能を備えていますが、USB端子部分には防水機能がないので注意が必要です。

ソーラーペーパー 移動中や休憩中にも充電できます

 「ソーラーペーパー」の正式販売予定は11月。価格は5Wセット(本体+パネル1枚+ポーチ)が1万6800円、7.5Wセット(本体+パネル2枚+ポーチ)が2万2800円、10Wセット(本体+パネル3枚+ポーチ)が2万8800円を予定しています。

 「Makuake」の先行販売では、24%OFFの早割、20%OFFの先行販売、ダブル割など7種類のリターンを用意。商品の詳細は同サイトで確認できます(このプロジェクトは目標金額達成の有無にかかわらず、申し込み時点で売買契約が成立します)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む