ニュース
» 2016年10月05日 18時13分 公開

国交省が「中国人にはわさびをたっぷりと提供する方がよい」と推奨? わさび過剰寿司提供問題から飛び火

国土交通省に掲載意図を取材しました。

[Kikka,ねとらぼ]

 国土交通省が公開している「多様な食文化・食習慣を有する外国人客への対応マニュアル」の中で、「刺身を食べる中国人には、練りわさびをたっぷりと提供する方がよい(1回の食事で1本の練りわさびを使い切る人もいる)」と記述していたことが分かり、ネット上で物議を醸しています。


国土交通省 「多様な食文化・食習慣を有する外国人客への対応マニュアル」の一節より

 話題となっているのは国土交通省総合政策局観光事業課(現在は観光庁観光産業課)が平成20年(2008年)2月に作成した「中国人に対して良いおもてなしをするための推奨事項」の一節。

 2016年10月初旬に大阪の寿司チェーン・市場ずし難波店が外国人客らなどに対してわさびを過剰に入れた寿司を提供していた問題(関連記事)が浮上したことから、「国交省がわさびの増量を指導していた?」と批判が飛び火しています。


国土交通省 「多様な食文化・食習慣を有する外国人客への対応マニュアル」は平成20年に作成されたもの

 本件について、同省・観光産業課に問い合わせたところ「HPにも記載の通り、資料は外食産業の向上のために多様な文化を理解していただくための資料だった」とのこと。「練りワサビをたっぷりと提供する方がよい」とするマニュアルの内容については、当時資料作成を担当した日本交通公社の調査によるものと回答。ただし、同課が現在は本事業を行っていないため詳細は差し控えたいとしました。

 なお同課は今回の指摘を受け、「今後、(該当資料の)掲載を続けるかなどの対応については課内で検討していきたい」とコメントしています。

(Kikka)

関連キーワード

国土交通省 | 中国 | 取材 | 外食 | 日本


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む