ニュース
» 2017年01月25日 20時01分 公開

コミケ海外参加者対象のアンケート結果が公開 「艦これ」「刀剣乱舞」「ラブライブ!」「ハイキュー!!」が人気上位に

日本のコンテンツの魅力は「ストーリーやキャラクターの魅力」や「独創性」だけでなく、「自由な表現(の場)」にあるとの分析も。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 コミックマーケット準備会が、海外からの参加者を対象にしたアンケート結果を公開しました。興味のあるジャンルは「男性向け」「艦これ」「刀剣乱舞」、好きな日本のコンテンツは「ラブライブ!」「アイドルマスターシリーズ」「ハイキュー!!」など、さまざまなデータが示されています。


人気ジャンル 日本で流行しているものは、タイムラグなく海外にも人気が伝わる

人気コンテンツ 好きなコンテンツについては、「ラブライブ!」と「アイマス」が強い。女性の回答では、それらを押しのけ「ハイキュー!!」や「刀剣乱舞」などが上位を占めた

 調査は2015年末のコミケット89前後に実施されたもの。回答数488件のうち約半数が韓国からで、次いで台湾、中国、アメリカ、香港が上位を占めています。男女比は男性約64.3%・女性約35.3%で、平均年齢は25.2歳。観光庁の訪日調査と比べると男性の割合が多く、年齢層も低めだそうです。


訪日元 海外籍の日本人も2.7%と、少なからず参加している

 参加形態は約80%が一般参加で、約16%がサークル参加。いつごろから参加しているかについては、2008〜2009年に増加の兆候が見られ、調査直近の2015年が最多になりました。2007年ごろ、海外メディアによる取材の性質が「コミケを理解したうえでの取材に変わった」といった、コミケの歴史ともおおむねリンクしているそうです。


参加形態 サークル参加者は女性のほうが多く、リピート率が高い傾向もあるとのこと

参加時期 2008年ごろから増加傾向がみられる

 参加日数は「1日のみ」「3日間」がともに約40%。男性は全日3日間フルに参加し、女性は興味のあるジャンルが出展される日のみ参加と、男女で大きく分かれました。この傾向は海外参加者に限らず、コミケ参加者全体に当てはまるそうです。


参加日数 男性は44%がフル参加

 日本のコンテンツの魅力を聞いた、自由記述形式の質問も。回答に「ストーリーやキャラクターの魅力」「独創性」「萌え」といったキーワードが頻出するなか、「自由な表現、場」との言葉も。これをして、コミケ運営は「海外の方とはいえ実にコミケット参加者らしい」と述べています。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/28/news020.jpg 「トップガン」はなぜ「トップガン」なのか? 「トップガン マーヴェリック」でオタクが悲鳴を上げ歓喜した理由
  3. /nl/articles/2205/27/news012.jpg 利害が一致した柴犬&子猫コンビ “ごはん”のときだけ息が合う姿に「見事なシンクロw」「笑っちゃいました」の声
  4. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  5. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  6. /nl/articles/2205/27/news033.jpg 禍々しい136体の妖怪像が話題 学芸員が「なんのために作れられたのか不明」「類例は見つからず」という造形物が謎すぎる
  7. /nl/articles/2107/14/news145.jpg 安田美沙子、4歳長男&1歳次男を乗せた電動自転車が転倒 居合わせた通行人に助けられる「ほんとに、ほんとに救われました」
  8. /nl/articles/2205/27/news090.jpg “良いテーマパークなのに人がいない”と話題の「志摩スペイン村」に行ってみたレポ漫画が楽しそう 「待たずに乗れる」「キャストのファンサがすごい」
  9. /nl/articles/2108/21/news049.jpg 兄「スイカ切っておいて」→「なんだこれはwww」 妹にスイカのカットを頼んだらまさかの姿に
  10. /nl/articles/2205/20/news032.jpg バスの中で泣き出した子どもに、おじさんがかけた言葉とは……? 予想外の言葉に「そのおじさんと結婚したい」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響