ニュース
» 2017年03月06日 15時14分 公開

さすがです、ソニー様 アニメ「魔法科高校の劣等生」とソニーがコラボ、最新技術で魔法を再現!?

AnimeJapan 2017で「魔法師適性試験」が受けられる。

[ADAKEN,ねとらぼ]

 3月25〜26日に開催されるAnimeJapan 2017で、アニメ「魔法科高校の劣等生」とソニーのコラボ展示ブース「魔法師開発研究所」(ブースNo.J76)が登場します。さすがです、ソニー様。

「魔法科高校の劣等生」とソニーがAnimeJapan 2017でコラボ(公式サイトから) ソニーのテクノロジーで魔法を再現(公式サイトから)

 ブースではソニーのテクノロジーを用いて同作品の舞台である2090年代を再現。「Moving Projector」や、手触りをリアルに再現する「触覚提示技術」などを活用し、拳銃型CADを使って魔法で敵を補足する「魔法師適性試験」や、スピーカーから出力する位相、振幅などを適切に制御することで音場をコントロールする技術を用いて、魔法師の適性がある人だけにしか聞こえないメッセージを受信し、そのメッセージに従って合格を目指す「知覚魔法師適性試験」などを受けることができます。

 さらに、魔法師に必須なデバイスを同作品の主人公・司波達也と妹の深雪が紹介する「魔法工学デバイス」コーナーや、6月17日公開予定の「劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女」主題歌のハイレゾ試聴、トレーラーやキャストのコメント映像が体感できる「魔法師への道」コーナーなどを用意。いずれもソニーの最新技術や最新商品を使ったアトラクションとなるようです。

「劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女」関連展示も(アニメ公式サイトから) 「劇場版 魔法科高校の劣等生」関連展示も(アニメ公式サイトから)

 ソニーは前回の「AnimeJapan 2016」でも、アニメ「冴えない彼女の育てかた」とのコラボによる技術展示「加藤恵Project」を実施して注目を集めましたが、今回も最新技術を活用したこれまでにない体験ができそうです。


ADAKEN


関連キーワード

ソニー | アニメ | AnimeJapan | 適性検査


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響