ニュース
» 2017年03月06日 15時14分 公開

さすがです、ソニー様 アニメ「魔法科高校の劣等生」とソニーがコラボ、最新技術で魔法を再現!?

AnimeJapan 2017で「魔法師適性試験」が受けられる。

[ADAKEN,ねとらぼ]

 3月25〜26日に開催されるAnimeJapan 2017で、アニメ「魔法科高校の劣等生」とソニーのコラボ展示ブース「魔法師開発研究所」(ブースNo.J76)が登場します。さすがです、ソニー様。

「魔法科高校の劣等生」とソニーがAnimeJapan 2017でコラボ(公式サイトから) ソニーのテクノロジーで魔法を再現(公式サイトから)

 ブースではソニーのテクノロジーを用いて同作品の舞台である2090年代を再現。「Moving Projector」や、手触りをリアルに再現する「触覚提示技術」などを活用し、拳銃型CADを使って魔法で敵を補足する「魔法師適性試験」や、スピーカーから出力する位相、振幅などを適切に制御することで音場をコントロールする技術を用いて、魔法師の適性がある人だけにしか聞こえないメッセージを受信し、そのメッセージに従って合格を目指す「知覚魔法師適性試験」などを受けることができます。

 さらに、魔法師に必須なデバイスを同作品の主人公・司波達也と妹の深雪が紹介する「魔法工学デバイス」コーナーや、6月17日公開予定の「劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女」主題歌のハイレゾ試聴、トレーラーやキャストのコメント映像が体感できる「魔法師への道」コーナーなどを用意。いずれもソニーの最新技術や最新商品を使ったアトラクションとなるようです。

「劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女」関連展示も(アニメ公式サイトから) 「劇場版 魔法科高校の劣等生」関連展示も(アニメ公式サイトから)

 ソニーは前回の「AnimeJapan 2016」でも、アニメ「冴えない彼女の育てかた」とのコラボによる技術展示「加藤恵Project」を実施して注目を集めましたが、今回も最新技術を活用したこれまでにない体験ができそうです。


ADAKEN


関連キーワード

ソニー | アニメ | AnimeJapan | 適性検査


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」