Special
» 2017年03月31日 17時10分 公開

プレミアムフライデーを森永が「ラムネ」で応援 仕事が終わらない社会人にブドウ糖を全力提供

逆に考えるんだ……仕事さえ終われば早く帰れると……!

[PR/ねとらぼ]
PR

 3月31日は2回目の「プレミアムフライデー」。とはいえ現実的にはなかなか仕事が片付かないという人も多いようです。そんな企業に向けて、ユニークな応援企画を実施しているのが森永製菓のロングセラーブランド「ラムネ」。

 なぜプレミアムフライデー応援にラムネなのか? その秘密はブドウ糖にありました。

プレミアムフライデー森永ラムネ プレミアムフライデーにラムネ?

 2月24日からスタートしたプレミアムフライデーですが、事後の調査によると実際に早く帰ったという人はわずか3.7%。早く帰れなかった理由はダントツで「仕事が終わらなかったから」という結果が出ています(関連記事)。

プレミアムフライデー森永ラムネ 帰りたくても帰れないという人は多いもよう(インテージ「プレミアムフライデー」事後調査 2017年2月調査より)

 「帰りたくても帰れない!」

 そんな実情を打破すべく立ち上がったのは、あの青いラムネ瓶をイメージしたパッケージが懐かしい森永「ラムネ」。40年以上もの歴史を持つ森永ラムネですが、その歴史の裏にはあるパワーが秘められていました。そのパワーとは「ブドウ糖」。実は森永ラムネの90%はブドウ糖でできています。

 ブドウ糖といえば、“日々の生活のエネルギー源”といわれるほど人間にとって重要な栄養素。予防医学者の石川善樹氏は「ブドウ糖は生命活動に欠かせないエネルギー源なので、適度にブドウ糖を摂取することは仕事のパフォーマンスを維持するうえでとても重要になってきます」とブドウ糖の重要性を語っています。

 羽田・沖縄のエアライン「ソラシドエア」では、スタッフ全員にラムネを配布。企画部の戸敷さんに話を聞きました。

プレミアムフライデー森永ラムネ ソラシドエアにラムネをお届け

プレミアムフライデー森永ラムネ 配布されたラムネは全部で400個!

「部署によって仕事内容や量が異なるので、みんなが15時に帰社するというのは難しい実情があります。しかし、難しいからと何もしないのではなく、いつもより早く帰ろうとする空気を作ることが重要だと考えています。ブドウ糖は、脳のエネルギー源ともいわれていますが成分的な効能だけでなく、集中して仕事をやろうとする効果にも期待しています」(戸敷さん)

 定番おやつという印象があるラムネですが、実はその成分の90%はブドウ糖。将棋の「第2期電王戦」でも、長時間にわたって集中力を発揮しなければならないプロ棋士へのサポートアイテムとして、この「ラムネ」が提供されることが決まっています。ラムネ……そんな有能なやつだったのか……。

プレミアムフライデー森永ラムネ 人類トップクラスの頭脳戦を「ラムネ」がサポート

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた

提供:森永製菓株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ねとらぼ編集部/掲載内容有効期限:2017年4月13日