ニュース
» 2017年04月06日 10時30分 公開

57カ所可動の“究極のロボット兵”が解き放たれる 「想造ガレリア」シリーズ第3弾をフル可動モデルで再現

「天空の城ラピュタ」に登場するロボット兵のフル可動モデルの予約受付を開始。ムスカさんもオススメ?

[ねとらぼ]

 「天空の城ラピュタ」に登場する古代兵器「ロボット兵」のフル可動モデル「ロボット兵(Full Action Ver.)」(税込7560円/送料・手数料別)が、4月6日13時より「プレミアムバンダイ」で予約受付を開始する。

ロボット兵

 スタジオジブリ作品に登場するメカを精巧に立体モデル化する「想造ガレリア」シリーズの第3弾として発売したものをフル可動モデルで再現した。全身の可動箇所は57カ所以上もあり、腕部と脚部は腕時計の金属ベルトを参考にした機構を採用しているという。四足歩行や格納された姿などの「ロボット兵」の特徴的なポーズも可能で、差し替え用腕パーツを使用すれば飛行ポーズも再現できる。商品は2017年10月発送予定。

ロボット兵 がしゃんがしゃん

ロボット兵 飛行ポーズも

ロボット兵 付属品にはディスプレイ用のアームが付いた専用台座や、格納状態をよりリアルに再現できるケーブルパーツも

ロボット兵 本体デザインは劇中イメージを重視してマットな質感で外装部分を鋼鉄で覆われた甲冑のような硬質な素材感

ロボット兵 頭部のレンズ部分には、後部から光を取り入れて発光して見えるような構造

ロボット兵 胸部にはクリア素材を使用したラピュタのエンブレムも配置されている

ロボット兵 収納ポーズ

ロボット兵 後ろから

 なお、想造ガレリア「フラップター」などが抽選で当たる「木の根がこんなところまで…!」プレゼントキャンペーンも7月31日まで開催する。キャンペーンページは、ムスカがラピュタ内で巨大飛行石を探し当てたシーンをモチーフにしているので注目。キャンペーンページを開いた際にはムスカっぽく「読める! 読めるぞ!」とつぶやいてほしい。

ロボット兵

(C) Studio Ghibli

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響