ニュース
» 2017年04月12日 17時31分 公開

アスファルトタイヤを→「切りつける」「どちらとも言えない」 “Get Wildに関する意識調査”に小室哲哉も反応

誰かのために生きられるなら→「何も怖くはない」「どちらとも言えない」

[コンタケ,ねとらぼ]

 ネット上に突如現れたアンケート、“Get Wildに関する意識調査”が「普段アンケートに回答しない人間でも答えたくなる」とワイルド・アンド・タフな魅力に満ちあふれています。Googleフォームで作成されたもので、歌詞に合わせた解けない愛のパズルのような質問と選択肢が用意されています。


get wild 小室哲哉 アンケート 意識調査 「どちらとも言えない」ってどういうことだ


get wild 小室哲哉 アンケート 意識調査 「Get」だけは回答必須

 例として、いくつか質問と選択肢をご紹介いたします。

  • アスファルト タイヤを
    • 切りつける
    • 少し切りつける
    • どちらとも言えない
    • あまり切りつけない
    • 切りつけたことがない
  • 暗闇 走り抜ける頻度を教えてください
    • 月1回程度
    • 週1回程度
    • 3日おき程度
    • 毎日必ず
    • 1日に複数回
  • どんなスリルに身をまかせたいと思いますか?
    • チープなスリル
    • ノーマルなスリル
    • ゴージャスなスリル
    • どんなスリルでもあまりこだわりはない
  • Get
    • wild and tough
    • wildのみ
    • toughのみ
    • どちらでもない

 これしかない! という選択肢もあれば、ちょっと迷うものも。ちなみにほぼ自由回答ですが、「Get」の部分のみ回答必須の優しさに甘えられない仕様となっています。

 同アンケートを作製したのは、Twitterユーザーのヒラギノ游ゴ(@ADHDSLSD)さん。話を伺ったところ、既に4万3000票が集まり今でもどんどん回答が増え続けているそうです。誰かのために生きられるなら何も怖くないタイプの人たちが集っているもよう。



 さらにアンケートの存在は拡散され続け、ついに小室哲哉さん本人からもTwitterで反応が。アンケートそのものがゲット・チャンス・アンド・ラックしてしまったようです。



 結果の公開時期については未定ですが、基本的には歌詞に沿った回答の得票率が高いとのこと。チープなスリルに身を任せている方はアンケートに参加して、明日におびえる日々を終わらせてみてはいかがでしょうか。

関連キーワード

アンケート | 小室哲哉 | 意識調査


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/23/news015.jpg オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  2. /nl/articles/2011/23/news035.jpg 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  3. /nl/articles/2011/17/news169.jpg Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  4. /nl/articles/2011/23/news016.jpg 動いて……ない!? 棒人間たちが進んでいるように見える錯視GIF「スーパー錯視ブラザーズ」がすごい
  5. /nl/articles/1501/30/news156.jpg 野球ファンなら知っている ネットでよく見る「33-4」「なんでや!阪神関係ないやろ!」のやりとりって何なの?
  6. /nl/articles/2011/22/news016.jpg 「お母さんあれ誰?」 6歳息子が家の壁を指さし呼び続ける“何か”を描いた漫画、その正体が見事過ぎるオチ
  7. /nl/articles/2011/22/news017.jpg アプリ「一人用クトゥルフ神話TRPG」が“SAN値回復するタイプの狂気” 「名状し難い顔(=いらすとや)」「ダイス判定で転売ヤーが爆死」
  8. /nl/articles/2011/20/news116.jpg 間違いなくいい夫婦! おのののか、夫・塩浦慎理選手とリラックスしたラブラブショットでまさかの表情
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2011/23/news007.jpg がっかりクリスマスプレゼントと思いきや―― 落胆から一転、キラッキラな笑顔を見せてくれためいっ子の漫画に心がほっこり温まる