ニュース
» 2017年11月30日 20時03分 公開

主催者「移植が難しいことは明白」「材木にする前提」 樹齢150年の大木を“植樹”したクリスマスツリーが物議

「樹木の命を軽視している」などの批判の声が。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 神戸港開港150周年の記念事業として行われている「めざせ!世界一のクリスマスツリープロジェクト」が物議を醸しています。富山県氷見市の巨木を同港に「植樹」し、世界一高いクリスマスツリーにするという企画なのですが、ネット上では「樹木の命を軽視している」「枝を切り落とされ瀕死」といった批判の声が現れています。


めざせ!世界一のクリスマスツリープロジェクト 主催するそら植物園のWebサイトより

 「めざせ!世界一のクリスマスツリープロジェクト」で使用されるのは、富山県氷見市に生えていた樹齢150年のあすなろの木。すでに神戸港の公園「メリケンパーク」に根を一部残した状態で運搬されており、11月17日に「植樹式」が行われています。全長は約30メートルあり、人間が運搬した生木のクリスマスツリーの中では、鉢底から葉頂点までの全長が史上最大とのこと。

 主催しているそら植物園は、同企画に「輝け、いのちの樹。」というコピーを採用。阪神・淡路大震災や東日本大震災、熊本地震などの被災地への鎮魂というコンセプトがあるとしています。


めざせ!世界一のクリスマスツリープロジェクト 飾り付け数の世界記録を目指すクラウドファンディングも行われています(Webサイトより)


めざせ!世界一のクリスマスツリープロジェクト 「ほぼ日刊イトイ新聞」には、「植樹式」のもようを取り上げるコンテンツも。当日は「すごい数の報道陣」だったとのこと

 しかし、ネット上では根が切り詰められていること、幹にヒビが入っていることなどから、「樹木の命を軽視している」「震災と関連付ける理由が分からない」といった批判が続出。「change.org」では、企画中止を求める署名活動が11月24日ごろから行われており、執筆時点で8000人以上が賛同しています。


めざせ!世界一のクリスマスツリープロジェクト 「change.org」の該当ページ

 このような動きを受け、樹木の一部を使ったバングルを販売する予定だったフェリシモは、販売休止を発表。そら植物園の代表・西畠清順氏も11月30日に声明を出し、企画意図について説明しています。


めざせ!世界一のクリスマスツリープロジェクト 記念品の企画および販売協力で関わっていたフェリシモは、「あすなろメモリアルバングル 継ぐ実」を販売休止することに。ただし、他の形で「弊社にできる最大限の協力をしてまいりたい」としています(Webサイトより)


めざせ!世界一のクリスマスツリープロジェクト そら植物園Webサイト上に掲載された西畠清順氏の声明

 あすなろの木をメリケンパークに設置することを「植樹」と表現していたことについては、移植が技術的に難しいことは事前に分かっており、実際には「材木にする前提だった」としています。しかし、あえて根ごと掘り出して鉢に入れたり、クリスマスツリーとして役目を終えた後の活用方法を「未定」と発表したりすることで、「この一本の木が今後どのようになるかを想像したり、議論したり、心配してもらうためのきっかけ」を作る狙いがあったとのこと。

 また、10月時点の発表では、この樹木は「奇跡的に」発見されたもので、「他の木と違って、前に立つとドキッとしました。今まで見た木に比べると、とんでもなく大きくて」と特別さが強調されていました。ですが、声明では「年間何千本という富山県の森林組合が出荷している里山のなかの一本であり、それがたまたま他の用途ではなく、今回のクリスマスツリーになった」とトーンダウンしています。

 ちなみに、ネット上には木にしめ縄が巻かれた写真があったことから「神木なのではないか」と指摘する声もありますが、それは誤解とのこと。しめ縄は「工事の準備前に安全祈願のために地元の宮司さんが付けてくださった」ものだそうです。

 西畠氏はその他、「営利目的(のプロジェクト)ではありません」などと釈明したうえで、「ぜひこの機にキラキラしたあすなろの木に会いにきてください。そしてみなさんには、今年もいい気持ちで年を越してもらいたいと心から願っています」と声明を締めくくっています。

マッハ・キショ松

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  2. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  8. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  9. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」