ニュース
» 2017年12月09日 20時53分 公開

鶴が恩返しに来たと思ったらグラサンのアフロが踊ってた 昔話をGROOVYにアレンジしたらオチの勢いがすごい(1/2 ページ)

グラサンと筋肉とアフロ(ときどきケツアゴ)。

[haruYasy.,ねとらぼ]

 「鶴の恩返し」「金太郎」など、日本人にとって馴染み深い「昔ばなし」をサタデーのナイトをフィバーしちゃうようなグルーヴ感たっぷりに描いた短編漫画がTwitter上で人気を集めています。



GROOVY 昔ばなし 鶴の恩返し 女「助けていただいた“つる”です」

 助けてもらった鶴が恩を返しにやってくる「鶴の恩返し」。美しい女性が家を訪ねてくるというシチュエーションまでは原作通りですが、次ページから空気が一転。障子の向こうにはグラサンアフロのミュージシャンの姿が! なんだこれ!?


GROOVY 昔ばなし 鶴の恩返し な、なんだ!?何が起きたんだ!?

GROOVY 昔ばなし 鶴の恩返し おまえは……あのときの「つる」……!

 男の家にやってきたのは、チップを渡した路上ミュージシャンの男だった! そう、これは弦(つる)の恩返し! YES, GROOVY!!!!


GROOVY 昔ばなし 鶴の恩返し GROOVY×GROOVY

 この短編シリーズは漫画家・白川雷電さんによる作品。白川さんのTwitterではこれらGROOVY仕様の「昔ばなし」シリーズが他にも掲載されており、まさかり担いだのフレーズでおなじみの「金太郎(坂田金時)」や、子ぶたと狼の攻防を描いた「三匹の子ぶた」など、さまざまな「昔ばなし」を題材にした作品が楽しめます。






 白川雷電さんの代表作となる地下世界を舞台に“太陽”を巡る冒険と戦いを描いた漫画『黒鉄の太陽』は、Web漫画サイト「となりのヤングジャンプ」にて全13話が公開されています。



画像提供:白川雷電さん

春山優花里@haruYasy.


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/13/news131.jpg 「なんて品の無い番組だろう」 光浦靖子、手作りした作品を笑い飛ばした番組演出にファンから怒りの声
  2. /nl/articles/1607/05/news111.jpg TBS、「行き過ぎた編集」で謝罪 バラエティー番組で出演者の姿を意図的に消すなどしていた問題
  3. /nl/articles/2105/13/news008.jpg 「子猫とは思えない」「前世はゴルゴかな?」 飼い主を起こしに来た子猫の表情が“必殺仕事人”の貫禄
  4. /nl/articles/2105/13/news014.jpg サーバーに魔よけのお札を!? 神頼みのIT企業描くギャグ漫画に「案外ウソでもない」と業界から証言
  5. /nl/articles/2105/12/news162.jpg 「USB 3.0機器はゆっくり差すと2.0、素早く差すと3.0として認識される」って本当? →メーカー「本当です」
  6. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  7. /nl/articles/2104/30/news103.jpg TBS「クレイジージャーニー」“ヤラセ発覚”から1年半ぶりに復活 「めっちゃ嬉しい!」「レギュラー復活を」と喜びの声あがる
  8. /nl/articles/2105/13/news105.jpg 【ぞっとする実話】泥酔したとき友だち面したおじさんに連れていかれそうになるも、介抱してくれた人が放った一言で見事に追い払った
  9. /nl/articles/2105/13/news015.jpg なぜ猫は何年たってもかわいいのか?→“猫に記憶を消されている説” 飽きない理由を描いた漫画に「すげえ納得した」の声
  10. /nl/articles/2105/10/news103.jpg エレベーターで小学生姉弟がハグ→理由を聞くと…… マスクを忘れた子どもの対処法を描いた漫画に胸がぎゅっとなる

先週の総合アクセスTOP10