ニュース
» 2018年01月30日 18時36分 公開

「テレビから消えて」 さかなクン、一部ネット上の批判にショック 胸中を明かす

「辛いですが真摯に受け止めます」とさかなクン。

[のとほのか,ねとらぼ]

 東京海洋大学名誉博士/客員准教授でタレントのさかなクンが1月30日、一部ネット上であがった批判の声に言及。Facebookで胸の内を明かしました。


 かわいらしい魚のイラストや専門的な知識、さらには「ギョギョギョッ」といった擬音語を使ったハイテンショントークで知られるさかなクン。明るいキャラクターでお茶の間をにぎわせている一方、視聴者の中にはそういったさかなクンの言動に嫌悪感を示す人がいるようで、「うるさくてテレビ見ていても耳障り」「擬音ばっかりでうるさくてみてれない」「不愉快すぎてもうほんとお願いだから存在自体消えてとは言わないからテレビから消えて」といった批判の声が寄せられていたといいます。

 これに対しさかなクンは、「辛いですが真摯に受け止めます」とコメント。今後は、「もっと落ち着いて、頑張って生きたいと存じます」「どうか、よろしくお願い致します」と言及しましたが、ショックからか、「悩みすぎたら熱が出た」「もう、休もう」「お休みなさいませ」と38.4℃の発熱に悩まされていたことも明かしました。

さかなクン 批判 批判の声を抜粋(画像はさかなクンFacebookから)

 この投稿にコメント欄では、「気にしないでください」「誰からも好かれる人はいないです」「ネガティブなコメントに落ち込みもしますが、どうかそこは、理解して流して」「心の底から応援しております」といった温かい声が殺到。9000件を超えるリアクションと2400件を超えるコメントが寄せられ、さかなクンも、「御心配お掛け致しまして、申し訳ありません。マイナス思考だったり悩んだりすると不思議と体調も落ち込みます。せっかく健康で生きていることができるのだから、明るく元気に笑顔でレッツ・ギョー‼ですね」と前向きにコメントしています。


関連キーワード

Facebook | 批判 | 誹謗・中傷 | 芸能人


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」