ニュース
» 2018年02月13日 12時25分 公開

合成画像じゃないんですか!? レゴで作った“等身大ドラえもん”が現実感のない完成度(1/2 ページ)

声が聞こえてきそう。

[コンタケ,ねとらぼ]

 レゴ認定プロビルダーのJumpei Mitsuiさん(@JUNLEGO)が作成した、“等身大ドラえもん”が圧倒的な完成度となっています。身長129センチの体を忠実に再現した存在感は、すごいの一言。




ドラえもん 等身大 レゴ 画像提供:Jumpei Mitsuiさん


ドラえもん 等身大 レゴ


ドラえもん 等身大 レゴ 後頭部の質感もすごい


ドラえもん 等身大 レゴ

 高校3年生のときに趣味で作ったというこのドラえもん。実物大で作ったことで分かったのは、「ドラえもんの頭は一般的なドアから出ないぐらいデカい」(出せなかった)ことだそうです。

 レゴ製なので体の線はドット絵のようになっており、現実感のない光景になっています。ちなみに中がどうなっているか気になる人も多いと思いますが、ブロックで作った鉄骨風の補強が入っているとのこと。

 せっかくなので、Jumpei Mitsuiさんにお話を伺ってみました。

―― 使用したブロックの数、種類と製作期間を教えてください。

Jumpei Mitsui:ブロックは4万ピース使用、制作期間は4カ月。99%以上基本ブロックで、目や尻尾など角度を変える部分でテクニックパーツを少数使用しました。

―― ドラえもんを作ろうと思ったきっかけは。

Jumpei Mitsui:元々ドラえもんが好きだったのですが、手元にあるブロックの中で青色が多くあったので、ふと作ってみたくなりました。

―― 制作にあたり苦労した点や、自分で気に入っている点はありますか。

Jumpei Mitsui:これほど大きな作品を作ったのは初めてだったので、強度を出しながら作るのに苦労しました。試行錯誤しながら内部に補強するための構造を作っていきました。また、思ったより頭のサイズが大きくて、完成後に家のドアから出ないことに気付き、少し崩して、何とか家から出した覚えがあります。

 気に入っている点は基本ブロックだけで作った曲面の滑らかさです。世代的に馴染みの強い「大山のぶ代さん時代のドラえもん」のシルエットで制作したのですが、球体とはまた違った微妙な頭の形をうまく表現できたのではないかと思います。

―― 当時の周囲の反応はいかがでしたか

Jumpei Mitsui:当時「純LEGO」というウェブサイトをやっていたのですが、国内外からすごいアクセス数でした。半年後にTVチャンピオンに出たのですが、これがきっかけにもなったと思います。




 この等身大ドラえもんに対しTwitter上では、「まるでマイクラみたいだあ……」「完成度再現度すごすぎる」「何でも極めると奥が深い」「すごすぎる」「すごいクオリティー」「大根おろせそう」といった声が上がっていました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  3. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  4. /nl/articles/2205/27/news122.jpg あの、バイクで転倒して顔面骨折 手術も要する突然の事故報告に「悲報すぎる」「生きててよかった」
  5. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  6. /nl/articles/2205/27/news094.jpg 松井稼頭央ヘッドコーチの妻・松井美緒、突然のシルバーヘアな“おばあちゃん”姿に「まさかの!」「お上品」と反響
  7. /nl/articles/2205/27/news011.jpg 階段が下りられない35キロのデカワンコ…… お父さんに抱っこで運んでもらう姿に「世話の焼ける子ほどかわいい」の声
  8. /nl/articles/2205/27/news008.jpg なぜか車から降りるのを完全拒否するワンコ 諦めかけると……予想外の結末に笑ってしまう 【豪】
  9. /nl/articles/2205/27/news137.jpg 久慈暁子アナ&渡邊雄太、インスタ初2ショットで結婚発表 仲良く肩寄せ合う身長差カップルに「最高にお似合い」
  10. /nl/articles/2205/27/news026.jpg 「爆笑しましたww」「元気出ました、ありがとうございます!」 予想外のおしゃべりで別室に移動させられたインコに腹筋崩壊

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響