ニュース
» 2018年03月13日 17時02分 公開

Netflix、「日本でのドラマ部門廃止」のうわさを完全否定 Netflix「全く正しくありません」

事実無根とのことでした。

[ねとらぼ]

 Twitter上で8日、メディア関係者を名乗るアカウントが「Netflix、日本でのドラマ制作を断念。ドラマ部門を廃止。日本ドラマの世界市場流通に悲観とのこと」というツイートを投稿し、5000リツイートを超えるなど、注目を集めていた。これに対しNetflixの広報は「全く正しくありません」と完全否定するコメントを明かした。

Netflix、「日本でのドラマ部門廃止」のうわさを完全否定 Netflix「全く正しくありません」

 「ドラマ部門廃止」という声が拡散されている件について、ねとらぼ編集部がNetflix広報に取材を申し込んだところ、「(Netflixは)アニメ分野に注力をしていくことを明らかにしていますが、それがゆえにLive Action(実写)作品に力を入れていかないという認識は全く正しくありません」「Netflixではこれまで日本発の『火花』や『深夜食堂』の他、『Dark』(ドイツ制作)や『Narcos』(フランス制作)等、各国のオリジナル作品が世界で広く視聴されており、当社日本オフィスでも引き続き実写オリジナル部門を重要部門と位置付けております」と回答。今後も継続的に日本でも実写作品を制作し、世界に向けて配信していくとコメントした。


 Netflixは2017年度第3四半期決算で、2018年度にオリジナルコンテンツに費やす予算は70〜80億ドル(約7900億円〜9000億円)に上る予定であると発表していた(関連記事)。


Netflixからの回答全文

 ご存知のように、Netflixはこれまでより更にアニメ分野に注力をしていくことを明らかにしていますが、それがゆえにLive Action(実写)作品に力を入れていかないという認識は全く正しくありません。

 Netflixではこれまで日本発の「火花」や「深夜食堂」の他、「Dark」(ドイツ制作)や「Narcos」(フランス制作)等、各国のオリジナル作品が世界で広く視聴されており、当社日本オフィスでも引き続き実写オリジナル部門を重要部門と位置付けております。今後も継続的に、良質な日本の実写作品を制作、日本のみならず世界各国のメンバーの方々に届けていく考えです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10