ニュース
» 2018年03月13日 17時02分 公開

Netflix、「日本でのドラマ部門廃止」のうわさを完全否定 Netflix「全く正しくありません」

事実無根とのことでした。

[ねとらぼ]

 Twitter上で8日、メディア関係者を名乗るアカウントが「Netflix、日本でのドラマ制作を断念。ドラマ部門を廃止。日本ドラマの世界市場流通に悲観とのこと」というツイートを投稿し、5000リツイートを超えるなど、注目を集めていた。これに対しNetflixの広報は「全く正しくありません」と完全否定するコメントを明かした。

Netflix、「日本でのドラマ部門廃止」のうわさを完全否定 Netflix「全く正しくありません」

 「ドラマ部門廃止」という声が拡散されている件について、ねとらぼ編集部がNetflix広報に取材を申し込んだところ、「(Netflixは)アニメ分野に注力をしていくことを明らかにしていますが、それがゆえにLive Action(実写)作品に力を入れていかないという認識は全く正しくありません」「Netflixではこれまで日本発の『火花』や『深夜食堂』の他、『Dark』(ドイツ制作)や『Narcos』(フランス制作)等、各国のオリジナル作品が世界で広く視聴されており、当社日本オフィスでも引き続き実写オリジナル部門を重要部門と位置付けております」と回答。今後も継続的に日本でも実写作品を制作し、世界に向けて配信していくとコメントした。


 Netflixは2017年度第3四半期決算で、2018年度にオリジナルコンテンツに費やす予算は70〜80億ドル(約7900億円〜9000億円)に上る予定であると発表していた(関連記事)。


Netflixからの回答全文

 ご存知のように、Netflixはこれまでより更にアニメ分野に注力をしていくことを明らかにしていますが、それがゆえにLive Action(実写)作品に力を入れていかないという認識は全く正しくありません。

 Netflixではこれまで日本発の「火花」や「深夜食堂」の他、「Dark」(ドイツ制作)や「Narcos」(フランス制作)等、各国のオリジナル作品が世界で広く視聴されており、当社日本オフィスでも引き続き実写オリジナル部門を重要部門と位置付けております。今後も継続的に、良質な日本の実写作品を制作、日本のみならず世界各国のメンバーの方々に届けていく考えです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」