ニュース
» 2018年07月23日 09時00分 公開

写真を無断転載された『アサヒカメラ』記者 8月号に“闘い”の過程を告白した実録ルポを掲載

これまで写真の無断転載問題に切り込んでいた『アサヒカメラ』記者の実録ルポです。

[宮原れい,ねとらぼ]

 写真専門誌『アサヒカメラ』は2018年8月号(7月20日発売)に、写真を無断転載された同誌記者の実録ルポを掲載。無断使用したサイトやサーバー会社との交渉の実態など、その過程のすべてを告白しています。


アサヒカメラ 8月号 写真 無断使用 実録 ルポ 転載 マナー 記者 『アサヒカメラ』2018年8月号

 これまでネット上の写真の無断転載問題について、2017年2月号の特集「写真を無断使用する“泥棒”を追い込むための損害賠償&削除要請マニュアル」から始まり、「写真好きのための法律&マナー」シリーズの連載で言及してきた同誌。特に前者の特集は読者からの大きな反響があり、売り切れによる異例の再掲載が行われたり、2018年にも完全版が掲載されたりと注目を集めていました(関連記事)。

 にもかかわらず今回、アサヒカメラ記者自身のInstagram写真が無断転載されていたことが判明。そこで自ら書いた上記の「対策マニュアル記事」に基づいて問題解決に踏み出したところ、意外な“壁”が浮かび上がってきたといいます。そのため「写真好きのための法律&マナー SEASON 2」として、同記者の実録ルポ「この被害は補償されますか? 〜写真を無断使用された本誌記者の場合〜」を掲載。実際の過程について赤裸々に告白しています。


アサヒカメラ 8月号 写真 無断使用 実録 ルポ 転載 マナー 記者 ネット上で写真の無断転載を見つけた際の対処法から実際の“闘い”まで

 また『アサヒカメラ』8月号では、「脱・風景写真のススメ」と題した全114ページの風景写真の大特集を掲載。SNSで類似写真があふれるいまの時代に、一流のプロ写真家はどうやって風景・絶景をモノにしているのかなどについて、国内外の評価が高い写真家15人が登場し、作品づくりの極意やメッセージからひもとく内容となっています。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」