ニュース
» 2018年10月30日 12時40分 公開

ヤフー、動画プラットフォーム開設 厳選されたクリエイター約200人が月500本以上を投稿

その名も「Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム」。

[ねとらぼ]

 ヤフーは10月30日、人気のクリエイターやインフルエンサーが自身の作品や動画コンテンツを自由に投稿できる新たなプラットフォーム「Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム」を開設しました。


Yahoo クリエイターズプログラム 動画 PCからのトップ画面

 11月1日時点で各業界で活躍するクリエイター約200人が参加。今後、毎月500本以上の動画コンテンツを「Yahoo! JAPAN」のトップページやアプリ、専用Webサイトで随時配信します。動画は全て無料視聴できる他、作品を「いいね」ボタンで評価したりSNSへ共有したりすることが可能です。

Yahoo クリエイターズプログラム 動画Yahoo クリエイターズプログラム 動画 左:アプリ表示例、右:スマホサイトにおけるトップ画面

Yahoo クリエイターズプログラム 動画 参加クリエイター/インフルエンサー

 参加するのは、月間300〜500万PVのブログを運営するgori.meさんや、SNSフォロワー100万人以上を誇るミスターヤバタンさんなど。動画コンテンツは「ショートフィルム」「おもしろ/ネタ」「トレンド/カルチャー」「モノ/ガジェット」「How to」「専門マスター」の6ジャンルから楽しめます。

 ヤフーでは2012年から各分野の識者が個人として情報発信する「Yahoo!ニュース 個人」を開設しおり、そこで培った個人支援のノウハウを「クリエイターズプログラム」でも生かして制作活動をサポートしていくとのこと。また動画マーケティングや動画メディア事業を展開するViibarと連携し、動画制作のノウハウをマニュアル化してクリエイターに無償提供します。

 同プログラムは動画コンテンツだけではなく、今後記事や写真、イラストなど多様なコンテンツにも対応する総合的な投稿プラットフォームへと拡大していく予定。ユーザーとのコミュニティーづくりやリアルな交流イベントなども積極的に開催していくとしています。

「Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム」と連携する主なパートナー企業

  • UUUM株式会社
  • 株式会社サイバー・バズ
  • 株式会社クリーク・アンド・リバー
  • 株式会社ドリップ
  • 株式会社ブルズ
  • 株式会社Viibar
  • カクテルメイク株式会社
  • 株式会社パシフィックボイス
  • Tokyo Docs 実行委員会

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.