ニュース
» 2019年06月26日 17時15分 公開

キム・カーダシアンの下着ブランド“Kimono”が商標登録出願 文化の盗用ではと疑問視する声

Kimono=下着になったとしたら……? 

[城川まちね,ねとらぼ]

 米タレントのキム・カーダシアンが6月25日(現地時間)、自身の下着ブランド“Kimono Solutionwear”をSNSで発表。商標登録出願された“Kimono”というブランド名があからさまな日本文化の盗用だと批判が湧き出ています。

キム・カーダシアン 文化の盗用 Kimono 着物?(画像はキム・カーダシアンのInstagramから)

 カーダシアンが発表した下着ブランドは、ウエストを引き締めたりでん部を引き上げるような補正下着を取り扱うもの。自身のサイズや肌色に合う色の補正下着が見つからなかったのをきっかけに、15年前に着想を得たそうです。また、ショーツに関しては通常のフルバックのものとロング丈のものに加え、スリットの入ったスカートをはいても下着が見えないよう片足だけロング丈のものも。サイズはXXSから4XLまで、カラーは9色展開。さまざまな服装、個性に合うとアピールしています。

キム・カーダシアン 文化の盗用 Kimono アイデアは良いけど、という意見も多数(画像はキム・カーダシアンのInstagram)から

 このアイデアに「これはすごい!」「ほしい!」と喜ぶ人もいる一方、「これをKimonoって呼んではダメだよ……あなたの名前の言葉遊びじゃない、現存しているもので、あなたは日本の文化を盗用してる」「何で“Kimono”なのかって疑問に思う人はいない?」など文化の盗用を指摘する声が続出。コメントで指摘されているように、カーダシアンの説明文からはこの商品と日本の着物との関連性が一切読み取れません。おそらく自身の名前“Kim”が入っているという理由だけでKimonoと名付けられたと思われます。商品の写真はKimonoのタグ付きで投稿され、ロゴは黒字に白抜きで「Kimono」と書かれたもの。着物とは関連のない下着がKimonoとして認知される恐れもはらんでいます。

キム・カーダシアン 文化の盗用 Kimono Kimonoといえば、ということになってしまう可能性も……(画像はキム・カーダシアンのInstagram)から

 また、「何でプラスサイズモデルがいないの?」「彼女らは補正の必要がなさそうなのに。どうしてもっといろいろな体形のモデルを使わないの?」と補正下着なのにモデルの体形が画一的であることも批判の対象となっています。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.