レビュー
» 2020年02月03日 17時30分 公開

「夫が浮気したときに悪口を言うために娘を産んだ」!? 弁護士のとんでもないアドバイスに恐怖 「テレフォン人生相談」先週のハイライト(2/2 ページ)

[北村ヂン,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

夫が浮気した時に悪口を言うために娘を産んだ

 この日の回答者は弁護士の大迫恵美子。まだ弁護士に頼る段階ではなさそうなこの相談にどう答えるのか?

 「相手の方もね、ご主人が夢中になって自分にいろいろね、プレゼントなんかしてくれて。まあちょっとしたアバンチュールが楽しくて。でも家庭は壊さないっていうことなんですかね?」

 「そうです。『相手はちゃんと家庭もある人だし、そういうことは望んでいないし、一切そういう感情はない』(おそらく夫の発言)って言うんですけれども」

 「アナタ、ご自分の気持ちをごまかしてるなと思うんですけど、ご主人はその女性に夢中だと思いますよ。ご主人が夢中だっていうことを前提にね、どうするかってことでしょ」

 対応策としては、相手の女性にも家庭があるので、そこまでバカなことはしないだろうと期待して放っておく。もしくは、少し事を荒立てて「こんなバカなことをするんだったら私は家を出て行く」と言ってみる。

 「でもアナタ自身はちょっとそれ、自信がないんでしょ?」

 「そうですね、そこまでは……」

 「そうだとするとね、今日ここにお電話いただいて『どうしましょう?』っていう質問は成り立たないでしょ?」

 夫や相手女性を疑ってあれこれしゃべりまくる相談者だが、結局本人の覚悟がなければどんなアドバイスも無意味だろう。

 「子どもにこういうことを話すっていうことは、よくないですかね? どうでしょう。私、子どもに話そうかなとも思ったりもしたんですけど」

 「あのね、そういうこともね、よく分からないんですよ。どうお答えしていいのかね」

 どういう落とし所を想定して「どうしましょう?」と言っているのか、どんな効果を狙って「子どもに話そう」としているのか。その辺がボンヤリしたまま相談されても答えようがない。

 「『修羅場になればいいな』と思うこともあるってことでしょ。娘さんがカンカンになって『お父さん、何やってんの』ってね」

 「そうですね、その辺はありますね」

 「普通はね、こういう問題があった時に、お母さんというのは娘に言うでしょ? ……まあ、私だったら絶対娘に言いますけど。だってそういうもんでしょ、娘って。そのために娘を産んだような気がしますよ。夫が浮気したときに、悪口を言う相手として

 そ、そうなの!?

 ただ、娘が思い通りに動いてくれるとは限らないし、娘に叱られた結果、夫がどうするかも予測不能だ。

 「その結果は引き受けなきゃいけないですよ。案外、ご主人が急に勇気を振り絞っちゃって『じゃあもうこんな家出ていく』って言っちゃったときも」

 大迫恵美子は「何事もないようにやるのが一番賢い」としつつも、

 「私は自分でそんなことはとてもできないのでね、普通にやっぱり悔しいし、バカバカしいと思っても腹も立つしね。だから当然、まず娘に言いに行きます」

 今井通子もそこに乗っかる。

 「じゃあ娘さんに言って憂さを晴らしてください」

 何じゃこりゃというアドバイスではあるが、浮気といってもそこまで深みにハマッている感じでもなさそうだし、相談者の側も離婚を切り出すほどの覚悟はない。だったら「娘に愚痴る」くらいのガス抜きがちょうどいいのかもしれない。

 しかし夫に浮気された時に「娘に愚痴る」というのはそこまで一般的なことなの!? 大迫の「そのために娘を産んだ」発言に恐怖した。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」