連載
» 2020年07月20日 17時43分 公開

「友人として注意すべきか……」確証もないまま友人カップルの生活保護不正受給を疑う相談者 「テレフォン人生相談」先週のハイライト(2/2 ページ)

[北村ヂン,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

 しかし相談者は微妙にはぐらかす。

 「本人がどの程度の収入があるかも私は分からないんですけども、ホントに生活できないってほどでもないと思うので。まあ夫婦ふたりで働けばどうにか生活できると思うんですよね。お子さん3人いても」

 坂井は、2人の子どもを抱えたシングルマザーが、収入のある恋人と付き合って子どもを作ったからといって、直ちに生活保護を打ち切られるべきかどうかは判断が分かれると指摘。

 「不正受給はよくない!」と言いたくなる気持ちは分かるが、本当に“友人”として不正受給を止めようとしているのか? それとも単なる“生活保護受給者狩り”的なスタンスなのか?

 「アナタがその友人に言う時に、どういう立場で言うかってことは考えどころかなという気がするんですけどね」

 「聞いてる限りだと、5人で旅行とかも行ったりですね。できてしまった赤ちゃんについても『すごいカワイイ』って夫婦で育ててるらしいので、そこの世帯って……まあ、私のヒアリングベースなんですけども、間違いなく同じ世帯なのかなっていう感じはするんですね」

 自分のスタンスを明らかにせず、友人の“けしからん”ポイントを挙げ続ける相談者。

 「夫婦ふたりで、どっちも健康なわけですし、子どももすんごい小さいわけじゃないので、しっかり働いて普通に生活するべきじゃないのってホントにこう思う部分もあると言いますか……」

 「不正受給っていう単純な問題だったらね、『それはダメだよね』って一般論でいいんだけど、そこで友人関係が絡んでいて、気になっているというのが、なんでそこまで気になるのかなと」

 不正受給がよくないのは間違いないが、本当に不正をしているなら、いずれは役所の決定もあるだろう。その点で友人を本当に心配しているのなら、さっさと「不正受給はやめた方がいいよ」と言えばいいだけの話だ。

 友人の世帯に関する確定的な情報もないまま、どうして相談者は「テレフォン人生相談」に電話をかけてきてしまったのだろうか。

 「自分のこと、こう考えてみると、少し私にも偏った見方がもしかしたらあって、生活保護もらってるのにそんなに遊んでいいのかよっていうのが、まあ本音ベースで……」

 「うん、だよね。そこが聞いてみたいところだったんだ」「だけど生活保護受けてる人が苦しそうな顔して歩いてなきゃいけないっていうのは間違ってると思うから。『違法だから言いつけちゃうぞ』みたいな話だとね、あんまり良い方向ではないような気がするんですけどね」

 要は、「テレフォン人生相談」に時々出てくる、「知人が心配」と言いつつ、その知人をディスりたいだけの相談者パターンだろう。

 相談者と友人、ともに半年前に子どもが生まれているというのも気になりポイントだ。「自分も小さな子どもを抱えて、経済的に余裕はないけどなんとか育てているのに、アイツだけ生活保護もらっててズルイ! しかも旅行したり遊びに行ったり……」みたいな気持ちはなかったのだろうか?

 加藤諦三なら「自分に不満がある人ほど、他人に……」みたいなアドバイスをしそうな相談だった。

これまでの「テレフォン人生相談」

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  2. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  3. 中谷美紀、外国人夫の連れ子や元妻と楽しい団らん 国籍や目の色など何もかも違えど「これでも家族」
  4. デヴィ夫人、15歳の愛孫・キランさんが社交界デビュー 「山高帽にモーニング」華麗なる正装姿が超ハンサム
  5. 法隆寺がクラファンを開始 わずか1日で目標金額2000万円を達成「予想もしていなかった早さ」
  6. 元保護子猫に、ずっと欲しがっていたぬいぐるみをあげたら…… 予想外の反応に「人間の子供みたい!」の声
  7. 7歳息子が初おつかいに行ったときのレシート、よく見ると…… ママへの愛がつまったエピソードに「泣ける」の声
  8. 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  9. 愛犬に「子猫が大変です!!」と呼び出された飼い主、ついて行くと…… まさかの“無免許運転”発覚に「かわいすぎるw」
  10. 見事な「赤富士」を捉えた山中湖のライブカメラ映像に驚きと感動の声 葛飾北斎「凱風快晴」のような絶景……!

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」