ニュース
» 2021年02月27日 19時00分 公開

ダニエル・ラドクリフがクソリプ送ってデスゲームに強制参加する映画「ガンズ・アキンボ」の3つの魅力(2/4 ページ)

[ヒナタカ,ねとらぼ]
ハリポタ主演がクソリプ送ってデスゲームに強制参加する映画「ガンズ・アキンボ」の3つの魅力 (C)2019 Supernix UG (haftungsbeschrankt). All rights reserved.

 うがった見方をすれば、この両手に拳銃を強制的につけられるという状況は、「加害性の無自覚」についての痛烈な批評とも読み取れる。クソリプのためにキーボードを叩いていた両手が、人を撃ち殺すための銃に代わる。つまり、クソリプという言葉による暴力は銃のようなものであり、加えて強制的にデスゲームに参加させることで、「お前はこんなふうにクソリプを飛ばして周りの人を傷つけて来たんだよ!」とその罪の重さを思い知らされる。そんなSNS時代ならではの学びが得られる内容ともいえるかもしれない。

ハリポタ主演がクソリプ送ってデスゲームに強制参加する映画「ガンズ・アキンボ」の3つの魅力 (C)2019 Supernix UG (haftungsbeschrankt). All rights reserved.

魅力2:敵の女殺し屋が超強くてやべー

 本作の最大の魅力と言って差し支えないのは、敵となる女殺し屋ニックスのキャラクターだろう。パンクなファッションに身を包み、飛んだり跳ねたりのハイスピードアクションを繰り出し、次々と強力な武器を携えて襲ってきて、何よりデフォルトで喜々として殺人を行っている。並の殺人ゲームの参加者では秒殺されるほどの戦闘力を誇る彼女に、クソリプが趣味の男が勝つなんて無理ゲーなのだが、だからこそ窮地を脱して逆転をしていく過程にゲーム的な面白さがある。

ハリポタ主演がクソリプ送ってデスゲームに強制参加する映画「ガンズ・アキンボ」の3つの魅力 (C)2019 Supernix UG (haftungsbeschrankt). All rights reserved.

 そんな女殺し屋ニックスだが、ただのサイコな人物ということだけで終わらせず、後に判明するバックグラウンドから存分に感情移入をさせてくれるということもうれしいポイントだ。終盤の活躍までを見届ければ、誰もが彼女のことを大好きになれるのではないか(人殺しなのに)。アクション映画史上に残る名キャラクターが誕生したと言っても決して過言ではない。

ハリポタ主演がクソリプ送ってデスゲームに強制参加する映画「ガンズ・アキンボ」の3つの魅力 (C)2019 Supernix UG (haftungsbeschrankt). All rights reserved.

 そして、この女殺し屋を演じた女優サマラ・ウィーヴィングという名前をぜひ覚えて帰っていただきたい。彼女は本作に限らず、冴えない少年が殺人鬼たちとバトるNetflix映画「ザ・ベビーシッター」でイケイケなベビーシッターを、狂った一家と殺るか殺られるかのかくれんぼをする「レディ・オア・ノット」で絶望的な状況から吹っ切れる花嫁を演じるなど、グロ描写ありありのジャンル映画の常連であり、それらに最高にハマっているのだ。

「ザ・ベビーシッター」予告編
「レディ・オア・ノット」予告編

 加えて、2020年末に日本公開された「ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!」ではウィーヴィングは普通のかわいいお姉さんを演じていたりもするので、その役者としての振れ幅も恐れ入る。

「ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!」予告編

魅力3:ドンパチしまくって人がいっぱい死んじゃう

 この「ガンズ・アキンボ」は端的に言って、「人がたくさん死んじゃうハイテンション&ゲーム感覚のアクション映画を期待すれば、その期待以上のものが見られて大満足できます、以上です」という内容でもある。バラエティ豊かな銃撃戦のめじろ押しで、通常のアクション映画の軽く10倍くらいは人が死にまくり、派手に血飛沫をまき散らすのだから。

ハリポタ主演がクソリプ送ってデスゲームに強制参加する映画「ガンズ・アキンボ」の3つの魅力 (C)2019 Supernix UG (haftungsbeschrankt). All rights reserved.

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」