ニュース
» 2021年02月27日 19時00分 公開

ダニエル・ラドクリフがクソリプ送ってデスゲームに強制参加する映画「ガンズ・アキンボ」の3つの魅力(3/4 ページ)

[ヒナタカ,ねとらぼ]

 ジェイソン・レイ・ハウデン監督は、本作はあくまで「娯楽を目的にしたアクションコメディ」として作っており、気楽に見られる「マンガっぽいバイオレンス」が好きだとも語っている。確かに、本作の人が死にまくる銃撃戦はどこかリアルから逸脱しており、大胆なカメラワークや演出も合間って、ポップな印象を持てるようになっている。

ハリポタ主演がクソリプ送ってデスゲームに強制参加する映画「ガンズ・アキンボ」の3つの魅力 (C)2019 Supernix UG (haftungsbeschrankt). All rights reserved.

 おかげで、死体の山(その80%くらいが性格的な意味でクズ)が積まれていくのに罪悪感を持ちにくくもなっており、むしろその過剰さに黒い笑いすら生まれてくる。もっとかいつまんで言えば、「不謹慎上等! 人がいっぱい死んじゃうけど楽しんでね!」な気概に溢れているというわけだ。青少年の健全育成上大変よろしくなく、R15+指定にはもう大納得。そういうのが大好きな悪い大人には、もう全力でおすすめできるのだ。(ちなみにエロはほぼ皆無である)

ハリポタ主演がクソリプ送ってデスゲームに強制参加する映画「ガンズ・アキンボ」の3つの魅力 (C)2019 Supernix UG (haftungsbeschrankt). All rights reserved.

 加えて、この「過剰なバイオレンスに感覚がまひしてしまう」ことは、実は本作の批評的な視点を強化しているともいえる。劇中の殺人ゲームを運営する組織は、その犠牲となる者たちの姿を撮影しエンターテインメントとして売りさばいており、倫理観が完全にまひしている。その殺人ゲームに強制的に参加させられた犠牲者の姿を、映画として見ている観客もまた劇中で殺人ゲームを喜々として楽しんでいる(売り込んでいる)連中と変わりないのでは? という「揺さぶり」をかけられているようでもあるのだ。

ハリポタ主演がクソリプ送ってデスゲームに強制参加する映画「ガンズ・アキンボ」の3つの魅力 (C)2019 Supernix UG (haftungsbeschrankt). All rights reserved.

 とはいえ、そうした批評的な視点、社会的な諫言(かんげん)は刺身のつまのようなもの。やっぱり基本は「ハリポタ主演が両手に銃を固定されてデスゲームに強制参加」「敵の女殺し屋が超強くてやべー」「ドンパチしまくって人がいっぱい死んじゃう」な3つのポイントに魅力が集約されている。コロナ禍で心がふさぎ込みがちな今ではちょうどいい清涼剤となり、スッキリ爽やかな気分で劇場を後にできることだろう。


おまけ:最近のダニエル・ラドクリフの奇抜な役を要チェック!

 ダニエル・ラドクリフは実にチャレンジングな俳優だ。何しろ、ハリポタで大スターとなった後は「もうちょっと仕事選べ」「いやその役がハマりすぎてて最高だ」なアンビバレントな気持ちになる、奇抜なキャラクターを次々と演じているのである。

 例えば「ホーンズ 容疑者と告白の角」では、相手の欲望をあらわにさせる力を持つツノが生えてくる青年に扮しており、「俺そんなつもりじゃなかったのに!」な役は今回の「ガンズ・アキンボ」に通じている。こちらもR15+指定の過激な内容ながら、「IT」のようなジュブナイルホラーの魅力も備えた楽しい映画なのでおすすめだ。

「ホーンズ 容疑者と告白の角」予告編

 「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」では敵キャラとして登場。初登場時からクズのオーラを漂わせ、その後もサイコな悪役を本当に楽しそうに演じているので見ているこっちもニコニコしてしまう。内容もマジックを使ったアクションがとにかくカッコよく、特に「スペードのエースの連続隠し&受け渡しによる侵入シーン」はワクワクできるだろう。

「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」予告編

 そして、「スイス・アーミー・マン」では、「十徳ナイフのようにさまざまな用途で使える死体役」で登場する。見ていない方には何を言っているのか分からないかと思うが、本当にそういう役である。内容は無人島でサバイバルをするブラックコメディー(下ネタマシマシ)でありながら、ラストには意外な感動も待ち受けている。

「スイス・アーミー・マン」予告編

 「ジャングル ギンズバーグ19日間の軌跡」では、行動を共にしていた友人たちと離れ離れになり、孤独のまま遭難する男を熱演している。肉体的にも精神的にも限界を超えていき、もちろん尋常じゃなく痩せ細っていき、幻覚も見え始める。本気で死にかけている男にしか見えず、アカデミー賞主演男優賞を取っていなきゃおかしいと思えるほどだ。

「ジャングル ギンズバーグ19日間の軌跡」予告編

 ともかく、大スターで超セレブのはずなのに、すげー変な役を次々にこなし、その全てで見事にハマっているダニエル・ラドクリフのキャリアを追えば、彼のことをもっと大好きになれるはずだ。今回の「ガンズ・アキンボ」では「クソリプを送ったりはするが普通の男」という設定のはずなのに、彼のもともとのポテンシャルもあってか、かなりの狂気を感じさせるというのも味わい深いものがある。そのダニエル・ラドクリフのキャリアの集大成にして完成系を、ぜひ劇場で堪能していただきたい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news024.jpg 「抱っこされる時のおててが可愛すぎる」 猫ちゃんが両前足をおなかの上でそろえる姿にもだえる人続出
  3. /nl/articles/2201/25/news097.jpg 「かつみ・さゆり」さゆり、美肌極まる“ナチュラルメイク”姿に反響 「本当に奇跡の50代」「めっちゃ綺麗!!」
  4. /nl/articles/2201/25/news036.jpg 【漫画】妻から夫へ「私が100回言っても聞かないのに他人が言うと一発」 夫婦の会話の攻防に「いいね100万回押したい」
  5. /nl/articles/2201/25/news093.jpg 工藤静香、愛犬バブルが腕の中で天国へ 病魔と闘い抜いた家族との別れに「辛過ぎますが愛している証」
  6. /nl/articles/2112/21/news078.jpg 和田アキ子、“美人で有名”なめいっ子と偶然再会 芸能人並の顔立ちにファン沸く「きれい」「かわいい」
  7. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  8. /nl/articles/2201/25/news177.jpg 犬の散歩中に野生のコヨーテに遭遇! 米俳優、とっさの行為が「愛犬家の鑑」「スーパーヒーロー」と称賛
  9. /nl/articles/2201/24/news035.jpg 「みんなのパピー時代見せて」 愛犬のかわいい写真を投稿→ぶっこまれたオチが「この破壊力w」と爆笑を巻きおこす
  10. /nl/articles/2201/25/news145.jpg 競泳・池江璃花子、ヘアカットでばっさりショートに 抗がん剤治療後のくるくるヘアにも「可愛い」の声

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」