ニュース
» 2021年09月04日 10時00分 公開

岡崎静夏のホンダCB250R試乗インプレッション【シンプル構成だからこそ基本を学べるバイク】

[Webヤングマシン]
Webヤングマシン
photo photo photo photo photo photo photo

今や貴重なアナログな味。これぞバイクライディング

photo 【テスター:岡崎静夏】チャーミングな笑顔でも、中身はスパルタンな”バイクフリーク”。’09〜’10年のMFJレディースロードレースで2年連続王者に。全日本はGP-MONOを経て’12年からJ-GP3に参戦中。TwitterFacebookInstagramYouTube

こんなご時勢なので、自分の住んでいる県から出ずに、CB250Rでショートツーリングしました。お借りしている間に、つい2回ほど(笑)。それぐらい気兼ねなく乗りたくなるバイクです。加速感が楽しいんですよね。

正直言って、トップエンドのパワーはそれなりです。そりゃあ、250cc単気筒ですからね…。同じ250ccでもアニキ分である並列2気筒のCBR250RRと比べて、パワー感は強力とは言えないものがあります。

でも、アクセルワークに対して想像通りに加速してくれるフィーリングは、本当に気持ちいい! 特に多用する低/中回転域でのドライバビリティは、2気筒を上回っているほどです。

しかもうまくしつけられているから、荒ぶっているところもありません。上品に、でも力強い発進加速を見せてくれるから、自分が大好きな下道ツーリングが苦にならないんです。


photo [写真タップで拡大]

ハンドリングが、また絶妙です。スーパースポーツ系のように勝手に曲がるようなアグレッシブさはありません。でも、しっかりニーグリップをして自分で曲げようとすれば、その分だけ素直に曲がってくれます。

クイックシフターも付いていませんし、エンジンに関しては電子制御と呼べるような装備もありません。でもそれだけ、すごくプレーンなライディング感覚が味わえて、新鮮でした。

最近の電子制御は本当によくできていて、操作に違和感はほとんどありません。でもやっぱり、自分の手とメカニズムの間に制御のワンクッションがあることを感じるんですよね。

CB250Rにはそれがなくてダイレクトなので、ごまかしが利きません。自分がうまく操作すればキレイに走ってくれるし、自分が失敗するとそのまま返ってくる。「ああ、バイクってこういう乗り物だったんだよな〜」と、あらめてライディングの面白さの根っこの部分を教わったような気がします。

だからショートツーリングに出かけても、ずっとライディングのことを考えていました(笑)。「ああ、なるほど」「そうか、こうするとこうなるのか」なんて具合で、走っている間、頭の中はバイクのことでいっぱい。

ライディングって、本当に奥深くて楽しいですよね!

photo 【「操ってる!」という実感が楽しい】軽量コンパクトな車体、低回転域からしっかり加速するエンジン、十分な制動力を発揮するブレーキ…。シンプルながらすべてのバランスが整っていて、操縦の実感が得られます。

ちょっと話はそれますが、最近の自分は芸能人の方にレクチャーさせていただく機会が多いんです。皆さんバイクに対して本気の思いを持っていて真剣なので、こちらも一生懸命にアドバイスしています。

先日は、「乗るのたの士」と名乗るほどバイクにハマッている、つるの剛士さんと、オバマ元大統領のモノマネで有名なノッチさん(ホンダ エルシノアのオーナーです!)にレクチャーさせてもらいました。

面白いのは、つるのさんは割と感覚で乗れてしまうタイプで、ノッチさんは地道に研究するタイプだということ。そしてノッチさんの方が着実に上達する、ということです。ヒザを擦れたのもノッチさんの方が先。負けず嫌いのつるのさんはめちゃくちゃ悔しがっていました(笑)。

私もつるのさんと同じ感覚派…だったのですが、今回、CB250Rを走らせながら、ノッチさんのようにしっかり考えながら乗ることの大切さに気付きました。

レースだとどうしても目先のタイムに追われて、勢い任せの感覚的な走りになりがちです。でも、CB250Rでののんびりツーリングなら、タイムは関係ありません。ゆっくりしたペースできちんとバイクに向き合い、自分の操作の根本を見直せるんです。

何しろCB250Rは気疲れしません。重さからくる疲労感がまったくないし、パワーは扱いやすいし、急かされることもないので、ライディングのことを考えながらいくらでも走っていられます。

せっかくのショートツーリングなので景色を楽しんだりもしましたが、何も考えずにただボケーッと走るよりは、走りについて頭を巡らせて、いろんなトライをしながら乗るのに向いているバイクですね。スポーツライディングのスタートラインって感じがします。

photo [写真タップで拡大]

自分はもともとCBが好き。CB250Rはだいぶアグレッシブなストリートファイター的なデザインになりましたが、デジタルっぽくないアナログな味はしっかり残されています。

自分はこういうバイクらしいベーシックさが好きだから、CBに惹かれるんだな、とあらめて思いました。

何もない、と言えば何もないCB250Rですが、こういうシンプルなバイクに乗った方が間違いなく上手になれるはず。スポーツライディングの第一歩に最適じゃないかな…。

一応は全日本ライダーでもある自分がそう思うんですから、免許を取ったばかりの方はもちろん、基本を見直すという意味でベテランライダーにもオススメできるバイクですよ!

photo [写真タップで拡大]

CB250R:SHIZUKAの評価

  1. スタイリング:昔からのCB好きとしては「ずいぶんモダンになったなぁ」と思いますが、新旧のいいトコ取りという絶妙さ!
  2. スポーツ性:バイクに助けてもらうのではなく、自分でちゃんと操りたい人には最適。ビギナーの練習にも最高だと思います。
  3. ツーリング:軽快な走りなので、長く乗っても苦になりません。トコトコも行けますが、やっぱり走りを楽しむタイプかな〜。
  4. 街乗り:「そのためにある!」という感じ。ハンドル幅が広いので軽く操作できるし、ハンドル位置が高く見通しも良好です。
  5. コストパフォーマンス:高級感がある見た目、質感の高い足まわり、走りの楽しさ…。バイクらしさ満載でお値段以上の価値があります。
photophoto 【SHIZU’sお気に入りポイント】一番はやっぱりエンジン! ダイレクトな加速フィーリングはたまりません。シックなカラーコーディネイトもそそります。

まとめ:高橋剛 写真:楠堂亜希(初出:2021年8月23日)
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。



【コラボ】ノッチが膝すりに挑戦!前編【乗るのたの士】(YouTube/ノッチちゃんねる)

Copyright © NAIGAI PUBLISHING CO.,LTD. All rights reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」