ニュース
» 2021年09月12日 14時00分 公開

伝統と最新の融合で爆売れ! カワサキZ900RS【丸山浩の人気車分析】(1/2 ページ)

3年連続クラスNo.1と絶大な支持を集めているZ900RS。確かにカッコいいバイクだけど、なんでそんなに売れるのか!?

[Webヤングマシン]
Webヤングマシン
Z900RS カワサキ
Z900RS カワサキ Z900RS カワサキ Z900RS カワサキ Z900RS カワサキ Z900RS カワサキ Z900RS カワサキ Z900RS カワサキ Z900RS カワサキ Z900RS カワサキ Z900RS カワサキ Z900RS カワサキ Z900RS カワサキ Z900RS カワサキ Z900RS カワサキ Z900RS カワサキ

 コロナ禍が影響して新車の入荷数が増えない一方で、密を避けられる遊びとしてバイクの人気がちょい復活。結果、大量のバックオーダーを抱えている車種も多い。では、注文が殺到する車種はどこに魅力があるのか? 丸山浩があらためて試乗して、売れてる理由を再検証! ここで解説するのは'18年型でのデビュー以来、3年連続クラスNo.1と絶大な支持を集めているZ900RSだ。たしかにカッコいいバイクだけど、なんでそんなに売れるのか!?

懐古カラーのネオクラ大本命!!

 3年連続で、小型二輪クラス(250cc以上のバイク)の新車販売台数ナンバーワンに君臨してきたのが、カワサキのZ900RS。丸型ヘッドライトに砲弾型メーター、ティアドロップ燃料タンク…と往年のZ1を思わせるルックスが、まずは人気の要因となっている。

 スタイリングだけでなく、実際にまたがったときにも昔のZフィーリングがちゃんとあるのが見事なところ。丸みを帯びたシートの縁の感じも昔っぽいし、燃料タンクは昔より前後長が短く、横方向はワイドになったけど、ここにもかつての雰囲気がよく表現されている。高めにセットされたワイドなハンドルも、”いかにも”な感じだ。

 エンジンは水冷だから、さすがに…と思いきや、948cc水冷並列4気筒で最高出力111psなのでそれほど絞り出しているわけではなく、低中回転域のトルクを楽しむことを重視したような味つけ。その領域で、まるで空冷エンジンのようなゴリゴリとしたフィーリングがある。しかし、それらはZ900RSの全てではなくて、むしろ演出によって生み出された”雰囲気”のひとつ。昔のビッグバイクみたいに車体が本当にデカくて持て余してしまうわけでも、高回転域で力がないわけでもない。

 だからZ900RSは、昔ながらのスタイルなのに軽快な走りを楽しめる。エンジンのレッドゾーンは10000rpmからだが、おいしいのは4000〜7000rpmあたり。トルクを存分に味わえるが、昔のエンジンと違ってピックアップもよいから、軽快に流すような走りがじつに気持ちいい。頻繁にギヤチェンジして高回転をキープするよりも、ワンギヤで低中回転を多用して走るほうが楽しめる。

Z900RS カワサキ 【'21 KAWASAKI Z900RS】主要諸元 ■全長2100 全幅865 全高1150 軸距1470 シート高800(各mm) 車重215kg (装備) ■水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ 948cc 111ps/8500rpm 10.0kg-m/6500rpm 変速機6段 燃料タンク容量17L ■タイヤサイズ F=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●価格:135万3000円[写真タップで拡大]

 例えば足着き性は、シートこそ昔風のデザインだがサイドカバーの張り出しを抑えるなどして、水冷4気筒ビッグネイキッドとしては標準的なレベルにまとめている。車格も、デザインやハンドル幅などで大きさを表現しているが、実際にはそこまで大きいわけではない。エンジンは空冷風のテイストもあるが、やっぱり現代の水冷だから、ちゃんと回る。多くの人が普通に扱えるという大前提をクリアしたうえで、Zが持つ世界観、あるいはビッグネイキッドの雰囲気が演出されているのだ。

Z900RS カワサキ ビッグネイキッドらしいボリューム感はあるけど、シート前方を絞るなどの工夫で足着き性を向上。身長168cm、体重61kgの丸山浩氏だと、両足の裏が半分ほど接地する。ハンドルはやや幅広で、これもまた大きさの演出につながっている[写真タップで拡大]

 車体も、外装デザインこそレトロを狙っているが、倒立フロントフォークにラジアルマウントモノブロックのフロントキャリパー、フロントラジアルマスターシリンダーなど現代的なパーツのオンパレードで、曲がる/止まるもちゃんとしている。ただし、フィーリングにはフレンドリーさもある。カッチリしすぎておらず、これも幅広いユーザーが扱いやすいと感じる要素になるだろう。アシストスリッパークラッチも採用しているので、クラッチレバーの操作荷重も軽めだ。

Z900RS カワサキ [写真タップで拡大]
Z900RS カワサキ [写真タップで拡大]
Z900RS カワサキ [写真タップで拡大]
Z900RS カワサキ '70年代名車のZ1(=900SUPER FOUR)をデザインモチーフとした、いわゆるヘリテージスポーツモデル。Z900が開発ベースで、前後ホイールは現代的な17インチ径。灯火類はフルLEDで、2段階+オフのトラコンも装備する[写真タップで拡大]

売れている理由その1:足まわりはしっかりした最新版

 このバイクがデビューしたとき、国内試乗会が実施されたのはオートポリスサーキット。というわけでそれなりに攻め込んだのだけど、足まわりやブレーキに関して「ここまでやらなくていいんじゃないの?」と思ったのを覚えている。これも、現代の”売れてるバイク”になるための必須項目で、昔のままを貫くならリヤツインショックや前後19/18インチタイヤなんかでもいいわけだけど、それじゃあイマドキの走りにならないしタイヤも選べない。“雰囲気”は昔風でも、走りは退化させない。これが、現代のライダーに受け入れられるためにはとても大切だ。

 サーキットの話が出たので、逆に旅の話もしておくと、やはりこのバイクも他の“売れてるバイク”と同様、ロングツーリングを楽しむイメージがとても湧きやすい。カウルレスだから高速をバビュンという感じではないだろうが、このニュートラルなハンドリング特性なら思いっきり長い距離を走ったときにも疲労感は少ない。旅での使いやすさが容易に想像できる。多くのライダーにとって、バイク遊びの基本はツーリング。やっぱり、ツーリングシーンを思い浮かべやすいバイクのほうが売れるのではないだろうか?

Z900RS カワサキ レトロな外観だが開発ベースはスポーツネイキッドのZ900で、フルアジャスタブルの倒立フロントフォークを採用!![写真タップで拡大]
Z900RS カワサキ リヤまわりではホリゾンタルバックリンク式のサスペンション[写真タップで拡大]
Z900RS カワサキ 軽量なアルミ製スイングアームを採用する[写真タップで拡大]
       1|2 次のページへ

Copyright © NAIGAI PUBLISHING CO.,LTD. All rights reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/21/news019.jpg 子猫「イヤー!!!」→「あれ……?」 初めてのお風呂で元保護子猫が見せた意外な反応に、飼い主もビックリ
  2. /nl/articles/2201/21/news123.jpg 「俳優たちの見たことない姿」「カッコ良すぎる」 松重豊、仲村トオルらの“ランウェイ姿”が話題沸騰
  3. /nl/articles/2201/22/news041.jpg 仲里依紗、イメチェン後のサラサラストレートヘア姿に“ウケる” 清純派な落ち着いた空気に「若返ってて似合ってます!」
  4. /nl/articles/2201/22/news043.jpg かまいたち濱家、体重7キロ減を“ひと月弱”で達成 MAX95キロからの激変ぶりに相方・山内「想像以上に仕上げてきた」
  5. /nl/articles/2201/21/news169.jpg お姉さんたちの美ボディにメロメロ! 「東京オートサロン2022」美女コンパニオンまとめ第3弾
  6. /nl/articles/2201/22/news052.jpg ダルビッシュ聖子、10年前のバキバキ腹筋に自信満々「どこでも見せる事が出来ました」 当時の厳しい鍛錬は「もうできないわ」
  7. /nl/articles/2201/18/news138.jpg 妻を妄想上の存在と思い込む男、そんな夫を支える妻…… 妄想と現実が入り乱れる漫画が何度も読み直したくなる強烈展開
  8. /nl/articles/2201/22/news049.jpg 松本伊代、“ヒロミさんも捨てられない”花嫁衣装をリメイク ステージ用に生まれ変わったドレスへ「28年前のものとは思えない」
  9. /nl/articles/2201/20/news131.jpg いくらしょうゆ漬けみたいな「ほぼいくら」発売 ぷちぷちの食感、味わいを再現
  10. /nl/articles/2201/22/news057.jpg EXILE黒木啓司と結婚の宮崎麗果、3歳息子とパパのバースデーケーキ作り 奮闘するわが子に「泣いて喜んでくれてよかったね」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」